実験室

短歌を作っているとき、
いつも科学の実験をしているような気分になります。

この言葉とこの言葉の混合液で良かったのか。
リトマス試験紙にたらしたら、赤くなるのか青くなるのか。

幾多の失敗を繰り返し、今後も失敗を繰り返し、
実験は続いてゆくのでしょう。


line

題詠マラソン2003 完走しました!!(全100首)


題詠マラソン2004 51首リタイア。とほほ。


line



『短歌、WWWを走る。』宣伝応援バナー配布特設会場。

計5種類のバナーをご用意しております。どれでもご自由にお使いください。


↓ 今までの短歌はこちら ↓


突発単発作品集    1首ずつぽつぽつできた短歌。
大体2000〜2001年頃。
それぞれ17首,10首,12首。
ネット歌会に出詠した短歌の記録。
回想コメントつき。
梨の実歌会編

みづのうつは歌会編
連作 「デッドリンク」 第一回歌葉新人賞投稿作品。
30首・2002年。
どこへもつながらない場所。
たぶん自分の短歌の中で一番暗い。
第四回歌葉新人賞投稿作品。
一次予選通過(穂村弘選)
30首・2005年。
たぶんちょっとは明るい。
連作 「トモダチと××」


line

←八月科トップページへ