[←前月] [過去ログ目次]
[最新版(八月科TOP)]
[次月→]

13-4-22(月) そして静かなる日々

 文学フリマin大阪……はもう一週間前のことになっちゃいますが、楽しかったです。

 前日の13日に大阪入りして、夜は趣味(PCゲーム)関係で知り合った大阪在住の方と夕食をご一緒に。イベントの類だと一瞬のご挨拶しかできないものですから、ここぞとばかりに喋りまくり食べまくり(文フリに備えて飲みはなし)でした。

 14日当日は、特に大きなトラブルもなく無事終えることができました。主催アナウンスによると、無料配布のカタログ約1600部がきれいにはけたそうで、それだけの入場者がいらっしゃったと思うと逆にビックリしたりも。中百舌という地域は堺市なので、「大阪」と銘打ってはいますがちょっと離れてるわけです。私が泊まった淀屋橋からは地下鉄直通でしたが、それでも30分強くらい。なので「どれだけ人が来るか」が焦点のひとつだったのですが、これは予想以上の成功といっていいと思います。

「八月科」のスペースでも多くの方に新刊を手に取って頂き、売上冊数は初の小説ジャンルということを考えるとじゅうぶん満足のゆく結果でした。みんなありがとう!

 一つ一つのスペースをていねいに見て回る参加者の方が多いのも印象的でした。サークル参加する側としても、これくらいの規模のほうがちょうどいいかな、とも思いました。田舎者はすぐ人に酔うので。

 いつも文学フリマとなると詩歌関係で買い物を頼まれることが多いのですが、今回はせきしろさんがいらっしゃらなかった(……)のと『率』第3号がまだだったのもあって、自分の買い物のほうが多くなってしまいました。

 次の日はショップ二件を回って、今回の新刊を委託してきました。大阪の道は思った以上に複雑で、スマホで地図を見れる方とご一緒でなければ遭難していたと思われます。

 最終日はさすがにくたびれてきたので、早めに関空行って昼ビールと明石焼きを食べたり一人エンジョイして飛行機に乗って帰宅。三泊四日の濃い旅でした。
**

 さて、その新刊『即興小説!15分で、書く。』、さっそく一店のほうでオンライン通販はじまっております。

即興小説!15分で、書く。 - レトロ印刷JAM オンラインお店

 今回の印刷は、「レトロ印刷JAM」にお願いしたのですが、実はここで印刷したものは持ちこみ等すればお店にもおいてもらえるのです。お店もそういったいろいろな方の魅力的な本、グッズ、フリーペーパーで溢れていてまた行きたい。

 なお、文学フリマ大阪初開催を記念して、イベント価格と変わらない値付けに設定させてもらってます。のでかなりお得です!買い逃した方はぜひ!

13-4-12(金) 第十六回文学フリマのお知らせ

 ギリギリですが今週末日曜、大阪です。
 明日から大阪に飛んできます!
------------------
・第十六回文学フリマin大阪(→文学フリマ公式サイト

 開催日:2013年4月14日(日)
 開催時間:11:00〜16:00
 会場:堺市産業振興センター イベントホール
 アクセス:地下鉄御堂筋線「なかもず駅」、南海高野線「中百舌鳥駅」徒歩3分

 自スペース:「八月科」(D-30)

【スペースで頒布するもの】

・『即興小説!15分で、書く。』

 今回のために作った新刊です。A5サイズ、48P、本文は二色刷り!
 400円で頒布します。

 「即興小説トレーニング」というサイトを使用し、「毎日一つ小説を投稿する」「制限時間は15分」「時間切れで未完の場合は終了」という連続チャレンジを行った際の作品とメモを全収録しました。

 本の外観は、ツイッターにUPしています。→表紙ミシン製本の糸本文見本、二色刷りをチラッと

 前から憧れていた、「レトロ印刷JAM」で印刷・製本をお願いして実現した中綴じミシン製本。独特の味わいがある印刷も併せてお楽しみください。

 あといつも通り、ペーパーを無料配布する予定です。新刊と関係のあることないこと書き散らしですが、ペーパーの面白さに定評がある、むしろ「ペーパーは面白かった」とさえ言われる勢いの当サークルですので、ぜひお持ち帰りください。スペース内と場内のチラシ置き場、両方に置いておきます。

------------------

【大阪文学フリマ・文学フリマについてとその周辺のQ&A】

Q:どんな雰囲気ですか?

A:いわゆる「同人誌即売会」のひとつで、大阪は初開催ですが、今まで参加してきた東京の雰囲気からいうと比較的まったりした、開場時間内に人が途切れない感じかなーと予想しております。


Q:入場料とかかかりませんか?

A:入場無料です。


Q:気になるサークルがあるのですが、中身を読んでから決めたいです。でも立ち読みするのも悪そうだし……。

A:文学フリマ名物「見本誌コーナー」が今回もあるようです。いちばん奥のステージ上とのこと。新刊を出すサークルさんなら見本誌をそこに置いている可能性が高いので、チェックしてみてはいかがでしょうか。他にもステキな本がたくさんあると思いますよ。

 私の場合は、自スペースにも新刊の見本誌を準備してあります。他の参加者のご迷惑にならない、見本誌を大きく損傷されない範囲での立ち読みは全然構いません。


Q:迷惑になる行為の範囲がよくわからなくて心配です。

 特に一般常識があればどうということはないですが、サークル側から見て嬉しい参加者の方の例をちょっと。

・隣のスペースにはみ出さない

 立ち読みや、机ごしにサークル参加者の方と話すのに夢中になって、お目当てのスペースの「お隣」に体や荷物がはみ出していませんか? そうするとお隣を見に来た人も「なんだか混んでいるし、また後で」とそっと踵を返すかもしれません。

 一スペースあたりの面積は長机半分、パイプ椅子二脚に大人二人が並んで座れば埋まる横幅で意外と狭いもの。どうぞ、お目当てのスペースの「お隣」のことも忘れずに譲りあいの精神で。

・小銭を準備する

 サークル参加する側はもちろん釣り銭を準備してはいますが、たとえば「400円の同人誌に対していきなり一万円札」といったケースだと、対応しきれない、対応できても時間がかかるという展開が考えられます。

 あなたのお財布は大丈夫でしょうか? 重量に気をつけて、百円玉と五百円玉を何枚か用意しておくとなにかと便利です。


 というわけで、14日みなさまにお目にかかれることを楽しみにしております!!

 もし来るよーという方は、Twitterの@Haz_voxまで気軽にリプライ頂けると喜びます。

 あと通販に関しては、少なくとも一ヶ所はネット通販委託先があるので、後日お知らせいたします。

[←前月] [過去ログ目次]
[最新版(八月科TOP)]
[次月→]
Akiary v.0.61