[←前月] [過去ログ目次]
[最新版(八月科TOP)]
[次月→]

09-7-30(木) 久しぶりに晴れた

 久しぶりに晴れて気分のいい日だったので、日が落ちて涼しくなった頃合にぶらぶらと公園のほうにカメラを持って散歩に出かけた。

 ……ヤブ蚊に30ヶ所くらい刺されて帰りました。両腕20ヶ所、足とか首とかが10ヶ所くらい。確かに虫除けスプレーしていかなかった自分も悪かったには違いないのであるが、わずか10数分の間にそこまで刺されるというのもなんだか。写真も撮れてないし(理由:自分が静止した瞬間に蚊に刺されるため)

 家帰ってから刺された部分をきれいに洗って、薬塗って、さらにアイスノンなどで冷やしたので思ったよりはましなんですけど、ライブが来週でよかったなあと思いました。手の甲だけで7ヶ所くらいいっちゃったからなぁ。

 ということで、虫除けはしっかり行いましょう。ぶつぶつぶつ。

09-7-28(火) Drink quickly.

 こないだ、叔父のところから日本酒が届いた。宮城の「森泉」というお酒だ。せっかくなので、来月の自分の誕生日祝い(この年でなんですが)に取っておこうかとじっと待っていたら、「熱処理や濾過してないお酒だから早く飲んでください」という伝言も届いた。ということで飲んだ。辛口でとてもおいしかったです。あと二本残っているのだけれど、さすがに今のうちの環境で期間内に二本はどんなものか……。

 と思っていたら、半生の殻付き牡蠣が今日の晩御飯。ということで「辛口の日本酒と牡蠣っていいよね!」という感想を持って〆とさせて頂きたい。白ワインの『海』でもいいんですけどね。

**
 などということをたまに日記に書いているので「お酒好きなんですか」と度々聞かれるようになってしまった。

 好きか嫌いかっていうと、かなり好きなほうだとは思います。ですが、外ではさほど飲まないです。ライブバーなどでも、気が向いた時にカクテル一杯で終わらせることがほとんどです(ジンジャエールのみの時のほうが多いかも)。だって家に帰るのもかなり遠いし、オールナイトで飲み明かせるほど体力ないので……。
 
 あと、前に何かの本で「お酒をたまに飲むと創作活動の視点が変わってよかった」というようなことを読んだのですが、自分の場合はまったくだめです。飲んだ時点で。なので、次の日に差しさわりがない時にしか飲まないのです。こう書くと「軟弱者め!」とか思われそうですが、救急車とか担架で担がれた経歴がある奴のことなので、そっとしておいてください(原因はお酒ではないのですが)担架は揺れる。

 あ、今月は、公園コンサートの後にたまたま裏参道まつりやってて、オリオンビール売ってたので飲んだら大変おいしゅうございました。ありがとうございました。青島ビールなんかもそうだけど、アジア的な湿度に合わせた味だと思いました。あの後は湿っぽい日ばかりで、ビールって感じじゃないなぁ……。

09-7-27(月) 雨続く

 金曜と土曜は久しぶりにチャットをした。チャットという形態はやはり好きだ。

 「テレホタイム」という用語がネット上で当たり前に使われていた頃は、夜11時になると当たり前のようにチャットに行って当たり前のように何かを話していたわけだけれど、その内容についてはびっくりするくらい覚えていない。たぶんわりとどうでもいい話ばっかりだったんだろう。しかしその「どうでもいい話」が、例えば好きなバンドの話とか、身近ではあまり趣味が同じ人がいない種類のものだったので、当時の自分には大切な時間だったことは間違いないのである。

**
 それにしても毎日雨続きだ。最初のうちは「雨も降らないと大変だからなぁ」と思っていたが、今日あたりになると「毎日雨でじめじめじめじめしてちょっと嫌だなぁ」レベルである。一気に雨が降ってスカッと晴れるのではなく、どよりろんと曇った空の下で、降ったりやんだりを繰り返す雨。爽やかではない。

 北海道に梅雨はないが「蝦夷梅雨」と呼ばれる雨多めの期間はないでもない、というのが気象的な見地による解説だった気がするのだが、これはひょっとして本当の梅雨なんじゃないかと思うくらいに雨が続いてしめってぐんにゃりしている。

 もっとも昨年、梅雨の時期に東京に行ったら、湿気なんかくらべものにならないくらいすごくて、真剣に弱ってしまったので「この程度ならまだ梅雨じゃない…」と唱えることでなんとか心を安らげている。

 どれくらい湿気がすごかったかというと、荷物の中にパンフレットなどの書類があったので、濡れたり曲がったらいけないなーと思ってプラスティック製の書類ケースの中にそういった紙束をまとめて入れ、ふたをして、旅行用のカートの中にしまったのである。

 そして東京に移動してケースを開けたら、なんだか紙がぐにゃんと力なくうなだれているのである。雨の日でもなく、荷物は濡れてないのに。何か明らかに湿っぽい。湿気だ……湿気のしわざじゃあ!(魔物がやってくる、のようにイメージしてください)

 とりあえず北海道はもうそろそろ晴れてくれてもいいんじゃないだろうか。

09-7-22(水) 今週金土・二夜連続チャットやりますよ

 久しぶりのチャット開催です。

 せっかくなので二夜連続でやります。
 しかも違ったテーマでやります。

 場所は、右メニューの「八月科談話室」が入り口です。


◆7/24(金)夜22:00〜 いちごつみチャット

 短歌の即興詠の一種「いちごつみ」をひたすら行うチャットです。
 いちごつみって何?という方は、

 http://8-gatsu.ka.to/ichigo/index.html

 をご参照ください。一首あたりの時間制限は特にありません。いちごつみ初めて、あるいは短歌初めての方、もしくは雑談のみの方なども歓迎です。

◆7/25(土)夜22:00〜 ヱヴァンゲリヲン破チャット

 あの新劇場版の「ヱヴァ破」について語ろうというチャットです
(→ネタバレなし・破観て来た日記(7/9)

 ゲーム仲間であられる伊藤隆浩さんが「語り合いたい!」と熱烈にコールしてこられたので、なら他にも語り合いたい方がおられるかも、と思ってやってみます。

 現在公開中の「破」の感想を、ネタバレを思いっきり交えながら観た方と語り合いたいという欲望が開催目的ですので、「破は観たいけど、まだ映画館に行ってないんですよね」という方のROM及びご参加はお勧めできません。「序」でラミエルが放った加粒子砲を丸裸の状態で受け止めたい、というような無謀すぎる方は別ですが、当方としても本当に、まったくお勧めできませんので予めご了承ください。

 両夜とも、最低二時間くらいはやってると思います。
 みなさんの参加、お待ちしております。

**
 今日は皆既日食! だったのだが、北海道は部分食(50%程度)でしかもかなりの曇り。よって別に「暗くなった」とか「寒くなった」という感動はほとんどなし。日食そのものは、欠けが最大になる時間にじっと空を見上げていたら、たまたま雲を通して十数秒ほど、欠けた太陽が見えました(実質肉眼観測なのでほんとは大変よろしくないですが)これは素直に感動。

 あとはNHKの生中継も観てみた。今回の大本命であった、屋久島やあのあたりの離島は雨だったりして、中継の前半のテンションが明らかに盛り下がっていた。周囲に雲があるとはいえ概ね晴れていた硫黄島と、その付近の客船からの中継で盛り返した感じ。

 皆既日食なので空が暗くなるのはわかるとして、星が見えるとか、360度夕焼けらしい空が見えるとか(皆既日食中心地を少し離れると当然日光が当たっているため、擬似的に夕焼けのような空模様になる)なのに普通の夕焼けとは違い、その向こうに太陽がないのでものすごく変な感じの風景であるとか、いつか実際に観てみたいなあと思った。

09-7-19(日) あるいはそうでなくてもいっぱいな日々

 8月のBOSCOライブ告知を日記上にあげました。

 カレー屋さんでライブするのは人生初です。BOSCOはパキスタンカレーが名物なのだそうですが、パキスタンカレーがどういうものなのかも未知の世界であります。

 なんだか自分の周囲の方、特に男性の方はカレー作りに情熱を燃やしておられる場合が多い気がします。「ちのはて」の西村氏もそういえば、二年くらい前の新年会での持ち寄りに自作カレーを持参していました。満場一致の美味しさでしたよ。

**
 ZEN MXのファームアップのアップデートがきてたので、本体をドッキングさせてアップデート→させようと思ったらアップデート途中にパソコンが固まる→どうしようもないので再起動→ZEN、まったく起動しなくなる→あああああああ、な午後でした。

 そもそもドッキングの調子がよくないなとか、起動もなんだか反応がまちまちだなとかは微妙に思ってたんですけど。致命傷を与えてしまったらしいです。ああああああ。まあそりゃそうだろうなあ。たぶんGO TO 修理なので面倒です。

09-7-18(土) パークジャズライブ出ました

 午前中には雨がぱらついたり、本番でも風が強かったにも関わらず、ご来場してくださった方々、スタッフの方々、どうもありがとうございました。

 道庁は緑が多くて池もあるし、雰囲気のあるいい会場でした。

 演奏自体は、今年も高周波出したり、こないだ買ったフックを使ってみたり、MD西村氏がお鈴を鳴らしたりして、風のある中でやったにしては良かったんではないかなーと思っています。テルミン、風にはそんなに強くないので。

 後で詳細上げますが、来月8/9(日)にはBOSCOで、ちのはてと、日立バッテリーという即興デュオ同士の対バンライブやりますんで、そちらもどうぞよろしくお願いします。


**
 実は時間的な都合により、一人で朝早くから会場行ってたんです。うちのほう雨降っててわりと大変だったんで、家族が出かける時に同乗させてもらったらそうなったのです。着いたのが朝10時前だったので、本当に朝早くです。受付の方に「最初のバンドの方ですか?」って聞かれたくらいです。

 普段だったらできる分のセッティングなどをやってしまうのですが、セッティングは前のバンドが終わってからの10分間でやる=つまり演奏10分前じゃないとできない、すなわち本当にやることがなかったのです。

 しょうがないのでマトリョミンを奏でたりしていましたが、控室用のテント側面がばたんばたんとたわむ強風の中、一人きりでマトリョミンを奏でても、あんまり楽しくないのです。むしろ異国に置き去りにされたような寂寥感すら漂ってくるのです。

 ここで「精神統一」などをするのが正しいあり方のような気がしないでもないですが、わたしの場合はじっと黙って精神統一すればするほど緊張度が増して大変なことになるので、できれば何か手を動かすとか、脳天気なことを考えるとか、喋っているというほうが好きなのです。

 そういう、あまりにも何をしたらいいのかわからない時間が空きすぎという珍しい状況の中、せっかくなので道庁の一階をちょびっと見学してきたりもしました。なんで一階かというと、楽器を置きっぱなしにするわけにはいかず、全荷物と共に移動したから二階まで階段を登る気にはなれなかったのです(空いている時間だったので、人にごっつんとかそういうことはないですよ)

 でまあ、わたしは北海道民なので、北海道のお土産物屋さんなどは来客がない限り見ませんし、来客があってもどっちかというとマイナーなスポットしか回らないので、久しぶりに正統派の観光名所を満喫できた気がします。びっくりしたのは、クラーク博士グッズは世の中にこんなにたくさんあったのか、ということでした。ボーイズビーアンビシャスと英語で書いてある携帯ストラップとか。クラーク博士グッズって、全部ポーズが例のアレ(羊ヶ丘Ver)なんですよね。あの銅像をデザインした人ってすごいなあと思いました。全国に銅像数あれど、ポーズ自体がそこまで認知されている像っていうのは珍しいんじゃないでしょうか。普段道民としてクラーク先生のことなんて、手稲山の雪渓がクラーク先生ポーズに見える時期(本当にある)くらいしか考えないのでちょっと書いてみました。

09-7-17(金) 淡々

もっぺん。明日です。

--------------
■2009年7月18日(土)

SAPPORO CITY JAZZ 2009

#パークジャズライブ(一般公募参加枠)での「ちのはて」演奏です

出演会場:道庁赤レンガ
出演予定時間 12:20〜12:50、入場料無料

桑島はづき:Theremin
西村 伸雄:trumpet, keyboard harmonica, and etc.
--------------

しかしシティジャズのサイトを見たら「赤レンガ」としか書かれていなかったのは、行ってみないとわからないという毎年恒例の会場にまつわる謎である。

**
 ハードケースに憧れる。例えばバイオリン。例えばトランペット。例えばギター。まぁギターはハードケースに入れるとちょっと大きいけど(コントラバスなんかはもっと大きいけど)楽器のケースを抱えて歩いている人を見るとなんだか嬉しくなる。

 よく「楽器どうやって運んできたんですか?」と聞かれるのだが、テルミンの場合は人によってかなり違う。キャビネット型を使われる方の場合は、そもそもの体積がすごいのでコンテナのようなものだったり、かなりの大きさの箱だったり。一番普及しているEtherwaveにはMoogから専用のソフトケースが出ているので、それに入れて運んでいる人がわりと多い。エフェクターケースを改造したものに収納しておられる方もいて、安心という意味ではこれが一番かもしれないと思った(ただし当たり前だが、試しに持たせてもらったらものすごく重い)。

 そして自分の場合はというと、緩衝材でぐるぐる梱包して、旅行用のカート(ソフト)に入れている。なぜならエフェクターとシールドとその他いろいろが一緒に入れられて便利だから。幾つも荷物を分散させると、多人数が出演するようなイベントでは自分の荷物が見つかりづらくてめんどい、というのもある。

 しかし運んでいる際の光景は「旅行に行く人」にしか見えないのが残念である。安全面を高めるために、お金を貯めてハードタイプの旅行用カートを買おうと思ったのだが、サイズがあんまりしっくり来るものがなくて実現していない。本当は革製の四角いカートなんかだとおしゃれであるなあ、とも思ったのだが、こっちはまたEtherwaveが買えそうな値段だったので実現していない。

 海外のどっかのサイトで、アタッシェケース+テルミン(収納可)というのを見た覚えがあるのだけど、あれが理想的な感じだ。もっともあれは中のテルミンがどういうものなのかわからないのでなんともいえないのだが。

09-7-9(木) 不在

 6月過ぎてから、あんまり家にいなかった。いや、別に外泊とかしてるんではなくて、ライブ観に行ったりとかライブ観に行ったりとか日帰りでどこか行くとかライブ観に行ったりとか(ライブばっかりだ)夕方から夜にかけて出かけることが多かった。たぶん夏が終わるまであんまり変わらないと思われます。本当はチャットとかやりたいんですが、金土日が一番家にいないのでなかなかできなくて悲しいものが。いちごつみもやりたいのに。すいません。

**
 。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』 観てきました。序からもうすぐ2年なんですね。早いですね。(→序の感想日記

 口を開けばネタバレの嵐にしかならないすごい内容なので、あんまり書けません。一言だけ書くと、例によって、スタッフロールが終わる前に席を立つなってことなんですが。

 ちなみに、5月に買った初号機のボトルガム は、中身入れ替えながら愛用してます。ただし、蓋の上に頭部がくっついているというデザイン上、ガムをちゃんと入れて下に重みをかけておかないと、蓋開けるときにひっくり返りやすいです。

09-7-2(木) 7月ですね。

 去年と同じく「ちのはて」でシティジャズに出ます。

--------------
■2009年7月18日(土)

SAPPORO CITY JAZZ 2009

#パークジャズライブ(一般公募参加枠)での「ちのはて」演奏です

出演会場:道庁赤レンガ
出演予定時間 12:20〜12:50、入場料無料

桑島はづき:Theremin
西村 伸雄:trumpet, keyboard harmonica, and etc.
--------------

 あと8月上旬にもライブがたぶんあります。詳細はお待ちください。

**
 なんか今週は信じられないくらい忙しくてですね、しかも週末には事情により日帰りぶらり旅(道内往復8時間)をやらなければならないので、いろいろなことが大変です。

 まぁ移動中はMP3プレイヤーがあれば全然平気だぜふふーんとか余裕に思っていたら、4年間使い倒したCreative Zen 20GBが起動しなくなってしまいました。最近ずっと調子悪くて、リセットしたり何だり色々やってはいたのですが、根本的に何かが破損してHDDがさようならした模様。

 元々「重い」「電池もたない」という点が気になってはいたので(そもそも4年前と今のMP3プレイヤーと比べるのは酷であるが、携帯型としてはかなりの欠点になりつつあったことは否めない)新機種を購入してきました。

 ずばりZEN MX(16GB)です。いい点はとにかく安いことで、そうじゃない点はCreativeの製品全般に共通してるんですが他のメーカーより明らかに不親切なことです。説明書なんて紙ぺら一枚ですよ。しかも一枚に五ヶ国語で同じことが五回書いてあるもんだから、つまり実質的には紙全体の五分の一しか説明スペースに使われてないのです。まぁ直感で使い方に慣れるしかないんですが、「時計の調整の仕方」を把握するのにちょっと時間がかかってしまった。

 それと、PCに取り込んであったライブラリを移したら、文字化けしちゃったのが多くてかなり凹んだり。前のプレイヤーの時には大丈夫だったのになんでやねん、と思って調べたら、IDタグの文字コードの問題だったので修復。

 今回初めて出会った要素としては「写真と動画が観られる」ってとこですが、そんなに観ないかな。ていうかそもそも外で動画観る習慣ないし。一応テストとして幾つか変換したものを転送してみて「おお、再生できるんだね」とニッコリしてみたけども、これ以上はやんないと思います。

 あとはSDメモリーカードを挿して容量を拡張できるというのも地味にナイスなとこで、それと相変わらず(本当に相変わらずという感じである)内蔵マイクによる録音機能、FMラジオ再生機能がついているのがCreativeらしいところだなーと思った次第。

 しかし周りでCreative製品を使ってる人を未だに見たことがないのですが、ひょっとしなくても少数派なんだろうなぁとは思います。4年前にZEN 20GBを購入した時に比べると、電機屋さんにおけるCreative製品のスペースもすごく小さくなってるし。まぁ、別に少数派だから悪いというわけではないので、安くて容量が大きめで多機能なプレイヤーが欲しいという方にはよいと思います。ただ、しつこいですが、マニュアルは本当に不親切です。

[←前月] [過去ログ目次]
[最新版(八月科TOP)]
[次月→]
Akiary v.0.61