[←前月] [過去ログ目次]
[最新版(八月科TOP)]
[次月→]

08-2-29(金) くんれん

 文章を打っては投稿する直前にブラウザを閉じてそのままにしてしまうことが多く、この日記もその例に漏れず書いては閉じ書いては閉じで、自分の不健康さの一因はこれらの「日の目を見ることのなかった文章」の怨念(文字霊?)も些少あるのではないか、と思い、今日はなるべくがんばって書いてみる訓練。

**
 まずここ数日の状況を述べると、親族に不幸があり留守にしてました。飛行機2回乗り継ぎ。片道9時間。in四国。で、現地で一通りのことが終わったあと、九州の知り合いにこっち来ないか誘われていたのを思い出して、ああ四国まで来たら九州もそんなに差があるわけじゃないなーと初九州上陸までやってしまった次第でございます。急な話なのにお世話になりました。今回は北海道側の天候が悪い日が続いていて、四国からまっすぐ帰るルートにしていてもどうやら新千歳にはたどり着けなかったようだし、結果的にはそれでよかったようです。

 でまあ九州について書くことがたくさんあるかというと、着いたの夜で、次の日はものすごい雨で外出も大変で、次の日は福岡→札幌便は一番遅いのでも午後3時(……)ってことで、長年のネット知人であった伊藤隆浩さんとついに対面したり、滞在先で筑前煮をごちそうになったり、細かいイベントはたくさんあるのですが「とんぼ帰り」という言葉のほうが近い内容になってしまったのは自分の計画性のなさと天候によるものです。九州到着時、伊藤さんとの共通の知人(in札幌)に「四国のついでに九州来ました」報告メールを送ったら「ついでにもほどがある」と返されましたが、まったくもってその通りだと思います。

**
 目疲れがしてきたのでこのへんで。

08-2-27(水) 帰宅

 4泊5日……かなり怒涛のスケジュールでした。旅先で会った皆様どうもありがとうございました。新千歳はここ数日間雪、雪、雪で、今日の帰りも飛行機の着陸が30分ほど、その後の汽車も遅れまくってました。まぁ帰れたのでよし。

08-2-22(金) るす

 諸事情につき、数日ほど自宅にいません。一応メール転送の設定はやっておくと思いますが、ネット環境の予定なし……。

 お急ぎのご連絡などある方は、どうぞ携帯宛に直接よろしくお願いします。それでは。

08-2-15(金) ホラーゲーム

 風邪ひき中。

**
 この前知人宅で、PS2の『零3〜刺青ノ聲』を遊ぶところを見せてもらった。古い屋敷を探索、というのはホラー物の定番ともいえるシチュエーションだが、舞台が洋館ではなく日本家屋なので、これだけでもう怖さ5割増である。しかもこのゲームの敵は、ゾンビとかじゃなくて「霊」。ならどうやって戦うのか? というと、正解は「特殊なカメラで撮影」……つまりただでさえ怖い霊を、ちゃんとファインダーに捉えた上で、一瞬のシャッターチャンスを狙わなければならないのだ。また、一見何もないところでも、カメラで撮ると浮遊霊がぼんやり写っていたりするのである。このシステムは怖さ7割増といえよう。

 そうやって「うわーまた出た!」「怖いよ!!」などと言いながら皆でホラーゲーム観賞をしていたのを思い出して、自分もたまにはホラーゲームをやってみたくなった。が、PS2はぶっ壊れたままだし、DSではこういうジャンルのソフトって皆無に近いのである。残念。『零』シリーズはWiiで新作が出るそうなので、今の自分の環境だとそっちに期待するべきなのかもしれない。でもWiiリモコンを使ってホラーゲームってより怖そうだな……。

08-2-11(月) チャンネル

 ついに我が家でも、DVDとHDDレコーダーを購入。これで完全にデジタル環境で試聴録画再生が行えるのである。行えるのである。といっても、「録画の仕方」とかをまた勉強しなきゃいけないのが面倒だ。

 一応VHSビデオ部分もあり、ビデオをDVDに移行、などもできるっぽいので、昔買ったビデオなどをバックアップのためにDVDに移してみたりしようと思ったり。

**
 今日は札幌駅周辺でお茶会。ここ数日、いろいろな用件で街中にいることが意外に多かったのだけど、雪まつりの観光客が多くてほほえましい気分になった。そういう人は街中なのにダウンの上着に毛糸帽、などとしっかり着こんでいるので、一目でわかるのである。今年は大通会場のスケート場が好評だったそうなのだが、「外でスケート」というのは北国の特権であり、よく晴れた冬の日に滑るスケートはそれはもう楽しいので、あちこちでやってほしいくらいである。そうなったらマイスケート靴を買ってもいいくらいだ。もっともわたしはスピードスケート派なので(フィギュアスケートも滑れるけど)リンクでそれが可能ならば、だが。

08-2-9(土) とほうもない間抜けな理由で

 木曜に右ひとさし指に刺し傷を作ってしまった。

 舞台は中華料理店。安くて美味しいすばらしいお店であった。デザートは大学いも。お水の入った小鉢が添えられて、「水にさっとくぐらせて食べてください」という指示がなされた。そうすると、周りの飴が冷えて固まり、外はパリパリ、中はホクホクという天国の味が完成するのである。しかし水にくぐらせなくとも、十分もすると飴はかちかちになり、もはや皿から大学いも本体をはがすことも困難に。で、食い意地のはった甘党である自分は「お皿のはじっこにくっついてる飴部分だけでも食べたいなー」と右手を伸ばしてみたところ、尖った飴でぶっすり指を刺したのであった。割と血が出た。ていうか今もちょっと痛いです。ばかばかばか。

**
 昨日夜は『デスノート the Last name』をTVで鑑賞。前編の感想はこんな感じなんだけど、今回の後編も脱力加減はぶっちゃけ同じだ。原作版(漫画)では第二のキラ・ミサは登場時ではまあまあ知能犯であり、特に第一のキラ・夜神月を「キラだ」と突き止める過程においては、月にまったく気づかれずにそれを遂行するという離れ業を演じてみせたのである。映画でも基本的にそこは同じなのだが、原作にあったトリック(変装、手紙に隠した暗号等)はまったく使っていない……ほとんど運である。脳細胞がかなり死にそうな展開だ。

 でもまあ、友人知人から「後編は面白いから」と言われていただけの価値は、ラスト20分くらいにはあった、と思います。ただしこれは漫画版をあらかじめ読んでいて、なおかつ第一部終了時の展開にそれなりの衝撃を感じており、さらに第二部ラストまでをもちゃんと覚えている、くらいのレベルでないと面白くない(まったくの初見の人だとオチの『意外性』というのは感じられないでしょう)という欠点があります。横で家族も観てたのですが、全然展開についていけてませんでした。

 と、ほとんどけなしてばっかなのですけど、問題のラストシーン20分に入ってからの藤原竜也=夜神月はクレイジー度が加速していて思ってたより良かった、ということも書いておきたいと思います。あとはLのスピンオフ映画とか、Lのゲームとか色々あるみたいなんですが、そのあたりはさすがに静観ですね。以上。

08-2-6(水) 対戦

 無印良品のチャイ(粉)は、意外とおいしいです。

**
 昨日は、遠方の知人と『高速カードバトル カードヒーロー』をWi-Fi通信を使って初対戦してみた。以下、カードヒーローを知らない方にはなんのこっちゃの記述しか続かないので、興味のない方は今日のここからの文章は無視して欲しい。

 今回は「レア度8(最高ランク)カードを入れない」というルールで対戦してみたのだが、はじめに行ったスピードバトルでは自分のデッキ編集ミスでレア度8カードが入っており、いったん切断して編集し直しというご迷惑をかける。そうか、通信対戦だと対戦直前のデッキ編集不可なのか……。

 そして後半のプロルール対戦が熱かった。お互い凡ミスを犯したせいもあるが、試合が予想以上に長引き、マスターHPが残り1ずつという状況になってしまったのである。そして相手の出してきた技は「大地の怒り」(フィールド全体攻撃)。結果、一瞬わたしの負けかと思ったのだが(処理順では先にこっちのHPがなくなるから)表示は「ドロー」、すなわち引き分けであった。この手のゲームにおいて引き分けってあまりない、というか初めて見た。

 とまあこのように楽しい対戦だったものの、ボイスチャットOFFでやっていたので、傍目から見ると大変静かな光景であったことを付け加えておく。だってボイスチャットはかなり気恥ずかしいものがあるので。対戦中にアイコンなどで十数種類の台詞(しまった、とか、いいカードきた、とか)を出せるようになっていればいいのになあ、と思った次第。

08-2-5(火) ポイント

 本当に久しぶりに、なにもしないでいる。

**
 ゲームをやらない方はさっぱり知らないと思うのだが、任天堂のサービスに「クラブニンテンドー」というのがある。任天堂のゲーム機やソフトを購入して、ネット上でシリアルナンバーを登録すると、それぞれの値段に応じてポイントが貯まるというもの。

 で、最近DSのソフトや、あと自宅でWiiとWii Fit購入というイベントがあったのにそれのポイント登録を忘れていたので、今日まとめてがーっと入力。結果、現在485P。500Pになると限定のソフトがもらえるので、これはちょっとだけ楽しみ。『GAME & WATCH COLLECTION』にしようかなー。

08-2-4(月) さがしものはなんですか。

 3日前に気づいたんだけど、オーディオコードに刺す変換プラグ行方不明だ。困った。

**
 昨日、"Signal 〜Prosession" 無事終了いたしました。

 今回なにより心配していたのは集客で、なにぶんモエレ沼公園、しかも冬季。けしてアクセスがよい場所とはいえず(そういう地帯だからこその、あの素晴らしい広大なランドスケープなのですけど)はたしてどうなるのだろうか……と思っていたら、予想以上にご来場者数が多く、大変大変大変ありがたいことでございました。

 今回くらい多人数の方々と「同時に」何かやるイベントは考えてみたら初めてでした。いつものライブだとソロかデュオ、多くてもせいぜいカルテットだし。今回はメインの出演者だけで8名、あと裏で色々ご協力して頂いた方を含めるとゆうに10名以上になり、ダンスや写真という他ジャンルとのコラボレーションということ以上に「多人数で何かをやる」というのが、準備期間〜本番通して、自分自身にとって超衝撃体験でした。その中からつかんだこともたくさんあるので、それを今後に生かしていければなあ、と思います。

 つってもそれは「また多人数で何かやりたいなあ!」に直結するものではなく(いや、機会があればもちろんやりたいですけどね)、まず自分のできること、をもっと伸ばしたりなんなりしようという大変地道なものなのですが。即興音楽のワークショップに通っていた時、まずはソロ演奏から、みたいなことを教わったんですけれど、その意味を今になって非常に痛感しています。珍しく真面目な文章のわりにあまり意味がぴんとこない方のほうが絶対に多い今日の日記なんですが、つまり、そういうことです。

08-2-1(金) 2月です

 1月は長いようで短かったようで長かった。3ヶ月分くらいの行動をやってたんじゃないかと思う。

**
 今のサーバーのマシン移行時期に書いた日記は、移行後には反映されないので、バックアップから再アップしました(1/23、1/24、1/26分)

**
 やっぱり前と比べるとびっくりするほどネットを見なくなり、家でパソコンに向かう時間も一日一時間程度であり、喜ばしい。ただしネット上じゃないとできないこともあるわけで、そこをいかに調整していくかの問題であると思う。

**
 昨日は「ほくほくテレビ」のモエレ沼公演からの中継に、マトリョミンを弾いてちょこっと出演。でも国会の影響で中継時間短縮。まあしょうがないっす。

 "Signal 〜Prosession"、いよいよ今度の日曜日です。どうぞよろしくお願いします。先日実際にアトリウム内でリハーサルしてみたけれど、予想以上に不思議な空間が作り出せそうです。マトリョミン一台でも音ががしがし響くのが楽しい。ただしあまりがしがしやるとくどいので、自分の目標は、弾きすぎ注意、シンプルイズベスト、といったところ。今のところは。

[←前月] [過去ログ目次]
[最新版(八月科TOP)]
[次月→]
Akiary v.0.61