[←前月] [過去ログ目次]
[最新版(八月科TOP)]
[次月→]

07-2-28(水) 日記書き足し

 こないだの土・日・月分を今日(水曜)朝に書きました。3日間、いかにライブ関係以外のことをやっていなかったかが……楽しかったけど、今日からはバリバリやらねばならない。まずは今週末の「ちのはて」ライブに向けてですよ(→ライブなどの告知詳細はこちらで)。ってまたライブじゃん、という繰り返しなのであった。

**
 今日は税務署へ。昼すぐ前だったためか結構混雑していて、書類自体は割とすぐ終わったものの、なんだか疲れて口からエクトプラズムが出そうな気分になる。近くの店で蕎麦を食べて帰る。

**
 DS『世界樹の迷宮』は、全滅2回の末にB21Fへの道が開かれました。いやー、最近すっかり「うちのパーティーも強くなったものだなあ」とにやにやしていた慢心こそが、全滅2回の道へとつながったのでしょう(ちなみに全滅してもアイテムロストはなく、マップデータは保存される。その辺はやさしさ設計)。未だにメインパーティーの構成は変わらず。

 そして今になってスキルの取り順を大きく間違えた気がするけれど(特にメディック)最初から攻略サイト見まくって最短最強を目指すのも、試行錯誤の楽しみが減っちゃうわけで。最高レベルまで上げてから、引退なり休養なりで次のキャラクターを作るっていう手もあるので、そっちでのんびりやろうと思います。

**
 ところで、全然チェックしていなかったのだが、明日3/1になんとPS2『悪代官3』が発売されるらしい。悪代官総合サイトなるものまで設立されている。これはそのうち様子を見つつ、購入予定リストに入れてもいいかもしれない。

 初代の『悪代官』はまさにマイフェイバリットなバカゲーであり、今でも内容を思い出すだけで笑いがこみ上げる一品だ。だってピラミッドパワーを手に入れるためにエジプトに行った悪代官がツタンカーメンならぬツタン仮面の呪いに取り付かれてしまいなんとか帰国した後に松の廊下で『ザ・乱心斬り』というミニゲームを行うと、ストーリーの一部を書き出しただけで開発者皆が乱心しているとしか思えないではないか。『3』の悪代官も運動不足で体が弱いとかバカ設定が多いらしいので、結構期待。

07-2-27(火) おぼえがき

 日・月、と、ジャン=リュック・ギオネと村山政二朗と高橋幾郎さんのライブを観てきて(日曜日は弓射も出演)考えてみたら土曜日なんか0時過ぎまでライブに参加してたので(自分が)3日間連チャンで遊び呆けてた、という至福の時間帯でございました。

 なぜか月曜日には打ち上げにまで潜入。ギオネさんに、NMA沼山さんが昨年宇波拓×伊東篤宏 SOLO & DUOをオーガナイズしたのですよという会話の中で、伊東さんのオプトロンについて隣の神田さんが単語をてきぱきレゴブロックのように組み立てて原理をわかってもらえたっぽいのはいいものの、思い返すと自分が言ってたのは「オプトロン、ヒズ・プレイ、ロングライト、フラッシュ!&ボムサウンド『バーン!』」とかそんな次元で、帰宅してから左口角を2ミリほど上げて落ち込む。語学をもっと真面目に探求するべきかもしれない。

**
 ねます。

07-2-26(月) Jean-Luc Guionnet/村山政二朗・ふつかめ

 寝て起きて……3日間遊び狂ってます。幸せだけど。

**
 この日の会場は、なんと北大だった。なぜならクラーク会館講堂にはパイプオルガンがあり、ギオネさんがパイプオルガンでソロ即興演奏を行うからである。壮大だ。

 村山政二朗さん、高橋幾郎さん、ジャン=リュック・ギオネさんの順でソロ演奏は進んだ。昨日より遥かに会場面積が広い分(何せ大講堂だし)また違う聴こえ方がして面白い。そういえば昨日も今日も、お三方ともはだしで演奏されていたのだけど、寒くなかったのだろうか……。はだしで演奏すると集中力が高まるとか何かあるのだろうか。見習って、テルミンも一度はだしで弾いてみると何か変化があるのかもしれない。

 さてパイプオルガンソロだが、昨日と同様「?????」であった。確かにパイプから音が出ているには違いないのだが、異常に高い音とか、空気の排気音だけのようなものとか。一般的にイメージされる「オルガン」の音もたまには入るのだが、それらが組み合わさった結果はまた何とも言いようがないものなのである。やっぱり、ヤン・シュワンクマイエルの映画を思い出した。

 最後はなんとトリオでの演奏。これがまた良く、非常にいい二日間の企画でした。そういえば今回ってオールノンPAでのライブだったんですよね。珍しい。

**
 終演後、打ち上げにまで参加させて頂いてから帰宅。お蕎麦おいしゅうございました。ギオネさんは大柄な人で、手も大きい(ピアノだと、ドから一オクターブ上のミまで普通に届くらしい……)ので、出てきたお箸が短すぎて若干苦労していた。

07-2-25(日) Jean-Luc Guionnet/村山政二朗・いちにちめ

 micro.でのライブ後片付けが終わったのが0時過ぎで、帰宅して、気がついたら朝日が昇りつつあり、寝て起きたらとっくに午後で、疲労でまた寝込むのかと思ったら意外に爽やかな気分でそのままライブを観に行くことにする。

 この辺、昔より体力がついた気がしないでもない。3年前くらいだったらライブをやるたびに開演2〜3日前から半病人状態(主食・うどん&栄養補助食品&点滴)だったり、ライブが終わった後はまたぐったりしていたりと色々面倒なことになっていたのだけど、最近はライブ前でもがっちり食べるしなあ。まあ、とにかく健康でいられることは大変ありがたい。今までお世話になった周りの皆様にも非常に感謝しております。

**
 会場のATTICって一体どこじゃ、とシアターキノの裏付近で地図を見直そうとしていたら、十蘭堂の小磯さんが歩いてくるのを発見。ご挨拶して「ATTICのライブですか?」と聞いたら無論YESであり、こうしてわたしはあっという間に無事に到着できたのであった。ありがたや。ちなみに、キノの裏の「長栄ビル」の中なのですが、あの辺はちょっと暗いので夕方以降だと注意して看板を探したほうがいいかもしれませんとアドバイス。

**
 この日は弓射(神田さん・古立さんデュオ)と、高橋幾郎さんソロ、最後に村山さんとジャン=リュック・ギオネさんデュオ。どれもとても静かな印象だった。お客さんはみんな息をつめて、心地よい集中感が場内に広がっている感じ。

 高橋幾郎さんのオシレーター演奏をきちんと聴くのは実は初めてですごく緊張していたのだけど(音量強めの高音を聴くと脳内があやしくなる体質ゆえ)後ろに座っていたせいもあり、音圧自体はそれほどでもなく楽しく聴けた。だんだん音が重なってくるにつれて生じる唸りは、なんというか「加法混色で色を混ぜると白に近づく」に似ている。濁るのではなく、クリアになる感じ。

 最後のデュオは、ギオネさんがサックスで一音目を吹いた時に「???????」と頭の中が混乱した。原野を吹き渡る風のような太い音で、普通サックスから出る種類のものとは全然違うんである。たぶん超絶技巧(だと思われるもの)だが、凄いのはその音が「すごい」とか「うまい」という感想に着地せず、「な、なんなんだこの人は」という「見てはいけないものを見てしまった感」を与えてくることである。変な例えなんだけど、ヤン・シュワンクマイエルの映画はもちろん面白い。けど、実際に現実世界でヤン映画のように粘土の固まりから人が生まれたり、タンスが野山を勝手に移動していたらそれはもう「面白い」を越えて「なんじゃあこりゃあ」と慌てることになるだろう。そんなの。一方の村山さんは、終始背筋を伸ばした大変正しい姿勢で、一本芯が通った感じの、緊張感のある演奏が心に残った。

07-2-24(土) micro.灯油基金ライブ

 築70年というmicro.の灯油代(やはり古い建物ゆえ、暖めるのが大変)をカンパすべく行われたライブ。

 micro.はちょこっと改装というか物の位置を変えたりしたとのことで、前回よりゆとりある物の置き方ができました。が、お客さん結局全然入らず。ちょっと泣いた。「ちのはて」は通常のデュオと、シークレットゲストの佐々木伸彦さんを交えてトリオ演奏もいたしました。テルミンのソロで、ものすごく久しぶりに人前で「モスクワ郊外の夕べ」を演奏したのと、西村&佐々木デュオで即興音楽とジャズという、ある意味レアな演奏内容だったような気がします。普段は即興音楽のライブで通常の「曲」は弾かないんですが、(ライブ終了後の余興のぞく)micro.は雰囲気がすごく好きで、こないだのライブで後から「あーあそこで曲弾きたいー」と密かに思っていたので、野望が叶って嬉しかったです。

 井浦しのぶさんは最初の曲は「コンサーチナ」という手風琴で、後はギターによる弾き語り。手風琴の曲がとても良くて、村上春樹『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』を思い出す。

 sippo+hajimeさんはフルートとキーボードの演奏を……ってこの日になるまで全然気づいていなかったのですが、キーボードのhajimeさんってどこかで見覚えが、しかし普段キーボードの人ってライブで見ないのに何故見覚えが……と思ったらかのライジングサンロックフェスティバル2004において、同じステージで、しかもcitronのすぐ前に演奏しておられたあのhajimeさんでした。わわわ、懐かしい! 後でご挨拶してその辺の話をして懐かしむ。しかしあれからもう2年半くらい経つんですね。まさかあの頃は自分がこんなにライブに出る回数が(ありがたいことに)増えたり、まさか即興音楽にずぶずぶはまるとは予想だにしませんでした。

 micro.に出入りしておられる謎のフードパフォーマーさん作の雑穀雑炊(すこぶる美味!)を頂いたりして解散。また行きたいなあ、micro.。

07-2-23(金) 帽子部(支部長不在集会)

 この日は帽子部。本当は「某支部」だったはずが、今やすっかり「帽子部」で定着している主に札幌で開催されるお茶会や飲み会です。

 えー、今回は生まれて初めてメイドカフェに行ってきました。テレビで見たことのあるメイドカフェのように、あからさまに「ご主人様」と言われたりするわけではありませんが、でも「お帰りなさいませ」は言われた。前はこの挨拶もない店だったそうなのですけど、やはり要望があったのでしょうか……。店内に置いてある雑誌が『ニュータイプ』だったり『ガンダムエース』だったりするのは、さすが、という感じ。

 ちなみにケーキセット(ガトーショコラ)を頼んだら、これ一個で冬季登山非常食に十分なるんじゃないかというアメリカンなボリュームのものが出てきて、お店を出る頃には胃が凄まじく重い状態に。後でその話をしたら「基本的に男性客が多いのだろうから、やはり量も男性向けなのではあるまいか」という見解を頂き、なるほどと納得。

**
 あとは観覧車に乗ったり、いつも通り楽しく飲んだり、マトリョミンを演奏したりといい一日でした。あ、観覧車は行ってみたらビル自体が既にガラガラ(撤退したテナント多し)なので、今のうちに乗っておいたほうがいいかもしれません……。大倉山とテレビ塔が綺麗に見えます。

07-2-22(木) ライブのお知らせとか。

 なんだかここ2年くらいでいつの間にかライブに出たりする機会が増えたので、今後のライブ予定のページを作りました。これでますます自分が何をやっている人なのかわかんなくなってきましたが、どうぞよろしくお願いします。

**
 明日は帽子部の定例会出席予定なので、金曜チャットはお休みさせて頂きます。ごめんなさい。本題とはそれますが、先日知人が単発的に開催したチャットに誘われて参加したら、「チャットって今日が初めてです」「3回目です」という人がいらっしゃったりで、やっぱりチャットって今の時代珍しいのかそうなのかとうなずきました。

**
 天気があまりにもあまりで外出を断念し、2週間ぶりくらいにDS『世界樹の迷宮』を起動したりなど。現在地下14階。

 メインパーティー5名は、ソードマン、パラディン、後列にアルケミスト、レンジャー、メディック。噂の「萌え」な感じのキャラクターグラフィックも、思ったより気になりませんよ。開発者の方のインタビュー(→電撃オンライン)によると、キャラの性別はあえて判りづらくしているとのこと。各職業につき選べる容姿は4パターンだけなので、脳内妄想に広がりを持たせる配慮の模様。さすが、憎いポイントをついてきます。ただ「見るからに頑固そうなお爺さん」「お色気に溢れすぎて困る熟女」みたいなグラフィックは自キャラ用にはないので(街の人にはいますが)そういうパーティーにこだわりたいという方は辛いかと思われます。

 しかしこれは3月末くらいにならないとクリアできないとみた。先はまだまだ長いっすよ。

07-2-16(金) おやすみ

 本日と来週の金曜チャットはお休みさせて頂きます。

07-2-11(日) 積雪低温地帯

 モエレ沼公園ガラスのピラミッドで、「Notes of SNOWY/CRYOGENIC Region 積雪低温地帯の旋律」聴いてきました。冬のガラスのピラミッドということで、冷え対策に断熱ザブトンを持参。といってもこの日はお客さんが多くて、かつてなく場内があったかかったです。人の放射熱ってすごい。

 全部書き下ろしの曲で、大体小一時間くらいでした。曲そのものはわたしの嗜好に思いがけぬクリティカルヒットをもたらし、思わず終演後にヨハンの最新アルバム買っちゃったくらいなのですが、演奏はヨハン側の音が大きすぎて、せっかくのチェロの音が聴こえづらいと感じてしまう部分があったのが残念。チェリストの真後ろの席だったせいもかなりあると思うけれど。

 終演後はスノースケープをちょこっと観たりして帰宅。やっぱりモエレ沼まで来ると、明らかに寒さが違いますね。久しぶりに頬がひりひりするくらいの寒さを味わいました。

07-2-10(土) 冬だとしょうが湯も飲みますけど

 某大型ショッピングセンターそのものは、地域の風景が均一化されるような気がして(だってどこの店舗行っても中の雰囲気が同じなんだもん)あんまり好きじゃないのだけど、ウィルキンソンのジンジャエールを置いていることは評価している。昨年2ヶ月ほど禁酒してみた時に、ジンジャエールさえあれば結構イケるんじゃないかと実感したのも大きいけど。スパイスっぽい味がするし炭酸の刺激があるので、低アルコールのカクテルっぽいのだ。

 再来週くらいからまたしばらくアルコール摂取を減らそうと思ったので(別に飲みすぎというわけでもないのだけど、家でだらだら飲むのを控えたくなった)。今度某ショッピングセンターに行ったらウィルキンソンを6本ほどまとめ買いしておこう。メモ。

**
 「携帯電話のカバーを買う」計画は面倒になったので、「携帯電話の液晶を保護するシートを買う」に切り替えようと思う。メモ。

 あと本題とは関係ないのだが、先月Javaアプリを嬉しがって使っていたら、アプリそのもののダウンロードにかかったパケット代を忘れていて、請求書見たら半日くらい落ち込んだ(携帯からネットという世界に縁がなかったため、パケットという概念を忘れていた。もっと調子に乗って使わなくてよかったよ!)。従量制だった頃のインターネット接続代を思い出す。

07-2-9(金) 今日の金曜チャットはお休みです。

 ↑昨日も書いたけど一応。今から眠ります。ばたん。

**
 ある歌(しかも、結構くだらない)が頭の中から離れなくて困る時、どうしたらいいのかというともっと強力な歌を思い出すしかなくて、更に困ってしまうという負のスパイラル。

**
 読んだよ。

諸星大二郎『暗黒神話』『孔子暗黒伝』

 たぶん子供の頃に読んでたら、夕食を食べられなくなったり熱を出してうなされていたりしたんじゃないかと思う。そんなイン・ザ・ダークな二冊です。何せ暗黒って銘打ってるし。

 現代日本を舞台に、印を与えられた少年と、日本神話にまつわる謎を追い続ける一族の行く末を描いた『暗黒神話』。一方は古代中国を舞台に、かの孔子が、周王朝の遺跡で発見した赤子を育てることになり、その子が実は……という『孔子暗黒伝』。濃い。あまりにも濃すぎます。どっちとも少年ジャンプ連載という事実がそれに拍車をかけています。

 『暗黒神話』では不老不死の秘密と主人公が最後に向かった場所が、『孔子暗黒伝』では開明獣(人面獅子身の獣)と古代中国にコンピューターが!というエピソードがとんでもなく鮮烈でありました。オトタチバナ登場のあたりもさすが諸星大二郎!

 あと、なんといっても梵天の塔! ネットで調べたら元ネタは「ハノイの塔」というパズルらしいのですが、シミュレーターを置いているサイトもありました。そこで体験できるのは最高でも円盤8枚の場合だったのに、既に「見ていてもなかなか終わらない」レベル……(移動完了までには255回)。計算式とか見ると頭がくらくらする人間なので、こういうので体験してみるのも面白いもんですね。

07-2-8(木) 「無題」というツクール2000のRPGは名作ですよ

 明日の金曜チャットはお休みします。

**
 近代美術館でやってるペルシャ関連の展覧会を観に行きたい。新聞で、精密に彫刻がなされた金の杯などが紹介されていたのですが、ああいうのが地中から出てきたらそれはびっくりするだろうな。

**
 DS『世界樹の迷宮』はやる暇がないのでちょっとお休み中。苦手なタイプの敵(虫さん)がたくさん出てきたので、うーわーという気分もある。そんなに焦ってプレイするタイプのゲームではないし、一回の探索にじっくり時間をかけたほうが効率がよいので、たぶん3月にならないと終わらない。

07-2-4(日) 世界の中心で迷宮に潜る

 3月に2本ほど音楽関係のお知らせがあるので、後で書き足します。

**
 先日ギャラリー市田に行って、今度の企画用に製作したフライヤーを置いてきたりなど。先にお客さんが二人いて、ギャラリーの窓際に展示されたキラキラ光るビーズの束を調整していた。聞いてみると「サン・キャッチャー」というインテリアで、西洋では有名なものらしい。スワロフスキーのガラスを使っていて、当たった日光が壁に複雑な模様を描いていてとても綺麗だ。今度製作体験会があるというので手帳にメモをする。

**
 昨日は2年ぶりくらいに宅配のピザを食べたのだが、ものすごく味が濃くて食べた一同が後で喉の乾きに苦しむ羽目に。あらかじめ味の濃さは予想済みで、半分はあんまりしつこくなさそうだったジャガイモのピザにしてもらったのだが、それが予想外にマヨネーズマヨネーズしていて全然中和役にならず。この手のものは、4人以上人が集まらないとダメだということを再確認する。

**
 DS『世界樹の迷宮』。相変わらず面白いです。イベントなどでこちらに提示される文章が「キミは目の前に○○を発見した」とか「キミは東の方角から○○のような音を聴き取った」みたいな、ゲームブックっぽい淡々としたものなのがよい。取得できるアイテムや敵の種類は思ったより少なめだが、アイテムは「材料」として扱われ、商店に売却していくとそれを使った新装備が発売されたり、敵も編成を変えてきたりと、飽きない工夫があってニヤリとする。今の時点で不満があるとすれば、「敵側の全体睡眠攻撃が効きすぎ」くらいです。全体睡眠を仕掛けてくる敵が2匹いると、ほぼ100%の確率でパーティー5人がばたんと眠っちゃう。最初のターンだけに仕掛けられるというのならまだわかるのだけど、誰か1人でも起きていると奴はまたばらまくんですよっ「眠りの花粉」を! そういう攻撃があるのなら、多少高くてもいいから睡眠防御の状態異常防止アクセサリとかあってもいいと思うんですが。あるのかな。

[←前月] [過去ログ目次]
[最新版(八月科TOP)]
[次月→]
Akiary v.0.61