[←前月] [過去ログ目次]
[最新版(八月科TOP)]
[次月→]

06-7-30(日) 2日目終了

 未来博2日目。自分の出演は土日のみなので、とりあえず明日は一息。ご来場された方々、どうもありがとうございました。次の土日も出没しますのでどうぞよろしくお願いします。

**
 さてと、明日からは土日に溜まった用事を一気に片付けねば。

06-7-28(金) こども未来博

 こども未来博のリハーサル行ってきました。詳しくは下にまとめて書きますが、開催期間中の土曜と日曜、ほくでんブース内で行われる、テルミンのミニコンサートに出演します。

 リハ自体は1時間ちょっとで終わり、帰り際に会場の他のところもぶらぶら見学してきましたけれど、なんだかすごいですね。化石あるし。ロボットいるし。外ではジンギスカン(←この辺が北海道ならでは)など色々食べられるみたいですし。

 というわけで以下ご案内。札幌近郊にお住まいの方は、是非おいでくださいませ。

------------------------------------------------
テルミンミニコンサート日時:

■7月29日(土)・30日(日)
 12:00〜、13:00〜、15:00〜

■8月5日(土)・6日(日)・12日(土)・13日(日)
19日(土)・20日(日)
 12:00〜、14:00〜、16:00〜

出演:桑島はづき

会場:月寒グリーンドーム「こども未来博」
   ほくでんブース内

料金:大人1500円,子供1000円

#「こども未来博」に入場するために必要な、当日券の価格です
http://www.b-info.jp/scci-100n/index.cfm?id=17082

#ミニコンサートそのものは、場内にて無料でお聴きいただけます
     
1ステージ20分程度、体験コーナーなどを交えてお送りします。
また、期間中は同ブース内でテルミンの常設展示も行います。

「こども未来博」公式サイト
http://www.sapporo-cci.or.jp/kodomomirai/

同サイト内、ほくでんブースのご案内
http://www.sapporo-cci.or.jp/kodomomirai/kigyo_syokai.htm#19

06-7-26(水) 愛がすべてにありますように

 というわけで昨日は東京ナミイBANDのライブ行ってきたのですけど、いやー良かった良かった。

 ナミイさんはひじまである緑色の長い手袋をしていて、間奏やサビのところで手をうねうねさせて踊ったりされてましたが、そういうステージパフォーマンスがいちいち格好よい。そしてもちろん歌は極上。ホントに同じ人なのかなっ!?というくらいの、まさに七色のヴォイス。たっぷり90分楽しみました。アンコールの『ラブ・ミー・テンダー』でちょっとだけ涙ぐんでいたことは秘密だ!

 途中でザ・フォーク・クルセダーズの『悲しくてやりきれない』カヴァーしてたのも意外で良かったッス。実はフォークル好きなもんで…。

**
 「犬という名の猫な歌会」は、ただいま選歌中。選歌するからには「なぜこの歌が好きなのか」ということを上手く言語化していく作業も必要で、そういうことをやってると2次元のものを3次元にするみたいなペキパキッとした転換が感じられる瞬間があっていいですね。さて今回はどうしよう。

06-7-24(月) ネット歌会

 「犬という名の猫な歌会」に参加中。他の方の詠草を見るのが楽しみであります。自分の歌については………ふふふ。

 ネット歌会に参加するのは、たぶん2年半ぶりくらいかと思われるのですが(「梨の実歌会BBS」の資料が一部見れなくなってるので正式な参加時期が参照できない…)現実の歌会には1回も参加したことはありません。今思えば、梨の実歌会のオフ会兼歌会に無理してでも参加すれば良かったなあ。

**
 こないだ、近所のスーパーでまたウィルキンソンのジンジャエール(瓶)を数本買ってきて、暑い日に汗かいた時などにぐびっと飲んでるのですけど、ライブハウスで飲むやつのほうがおいしい気がするのはなぜだろう。気分の問題なんだろうけど。

**
 明日はことにパトスで、東京ナミイBAND観てきます。エキセントリック・オペラの頃からの相良奈美さんファンなのに、実際にライブに行くのは初めてで、結構ドキドキしてますよ。にしても先月から自分は何回琴似に行ってるんだろう。琴似づくし。

06-7-22(土) うごくしろ

 納涼!いちごつみチャット、終了しました。参加(もしくは見学)してくださった方、どうもありがとうございました。今回は終盤で「一粒(=一首)参加」という新たないちごつみ用語が生まれたりしたのですが、次回はもっと気軽に一粒参加からOKですよーという点を打ち出しつつ開催したいな、と思いました。9月くらいにまたやりますんで、よろしく。

**
 で、昨日録画していた『ハウルの動く城』をさきほど観終えたのですけれども。映画館で観てたら途中で飽きちゃったかもしれないな……なんというか「えっ、ストーリーこれでいいんですかっ!?」という「置いていかれ感」みたいなものを多々感じる内容でした。なんで魔女がソフィーに呪いをかけたのかとか、車とか飛行機があり、それなりに科学が発達してそうな世界で魔法使いって一体なんなんだとか、その辺説明一切ないので。

 この「置いていかれ感」はヤン・シュワンクマイエル『ファウスト』を始めて観た時にも味わったものですが、あっちは元々シュールレアリスム映画で娯楽大作ではないからなぁ…。あ、でも、動く城とか、破壊シーンとか飛行機とか、その辺はさすがにスタジオジブリしていてカッコよかった。そんなところでしょうか。

06-7-20(木) くいあわせ

 午前中から外出。お昼、暖かい麺類が食べたくなったものの、ラーメンだと重いし、うどん・そばといったお店は近くになかったので、久しぶりにミスドに入って「汁そば」を注文。単品だと少ないのでセットにする。

 が、セットメニューの「もう一品」は「肉まん」とか「点心」だとあまりにも中華すぎて気分ではないし、かといってドーナツにすると何か合わないなあ、と思いつつ苦悶の末「えーとセットのはショコラフレンチで」などと言ってしまう。その上、暖かい飲み物がコーヒーと紅茶くらいしかないので、コーヒーをあまり受け付けない体質の自分は「で、ドリンクはホットティーをお願いします」と締めてしまう。

 汁そば+ショコラフレンチ(甘いドーナツ)+熱い紅茶。

 たぶんもうセットメニューは頼みません。ええ。いや悪いのは自分なんですけどね。

**
 明日になったので再掲。

●納涼! いちごつみチャット

 7/21(金)21時〜 八月科チャットにて開催
 http://8-gatsu.ka.to/cgi/chat/index.html

 #23時ではなくて21時開始です!
 #お間違いの無い様お願い致します

 ルールは通常のいちご(一語)つみ。二語つみ厳禁。お題・時間等の縛りなし。途中からの参加や、退場もご自由ですので「はじめてなんですけど」という方もお気楽においでくださいませ。ある程度人数がいらっしゃったほうが、わいわい雑談できて楽しいですしね。ではよろしくお願いします。

06-7-19(水) JUDEN LIFE 2

 充電アダプタ買いなおしました。ついでに、スクリーンとタッチパネルを保護するシートも。これで画面の汚れを気にせずに遊べるというものですね。

**
 最近読んだ本記録。

・羽海野チカ『ハチミツとクローバー』9巻

 前に連載されている本誌をぱらぱら読んだことがあり、この展開は知っていたけれど、ものすごい勢いでいろんなことが起こってしまう巻。なにかが起きる時はいつも突然で、そして示された結果は限りなく重い。竹本君のお花のエピソードが涙ぐましいなぁ…。

06-7-18(火) JUDEN LIFE

 DS Liteの充電用アダプタが未だに見つからないので、来週になっても見つからなかったらいいや買っちゃえと思っているのだけど、それはさておき、昔は魅惑的に感じた「充電」という言葉がだんだん苦手になってきた。

 生まれてはじめて自分が手にした「充電できるもの」といえば、SONYのウォークマン専用バッテリーで、ガムのようなひらべったい形状をしたその品はスマートでとても格好よかった。充電器にバッテリーをセットしてコンセントに差し込み、「完了」の緑ランプがつくと妙に嬉しくなったりもした。

 それから10年以上が過ぎ、今自分の手元にある「充電できるもの」は

 ・携帯電話
 ・MP3プレーヤー
 ・デジタルカメラ
 ・NINTENDO DS Lite

 である。そんでもって気がついたらそれらは「充電できる」ではなく「充電しなきゃならない」ものなのである。画面に表示された電池の残量が少しでも減るとおたおたし、「帰ったら充電しなきゃ!」と慌てなくてはならないのである。いわば充電強迫。なんでこうなっちゃったのかというと、たぶん「携帯電話」がひとつのターニングポイントなんだろうなあ……。仕事でも使うので、もう携帯なしの生活には戻れないんだけど。

**
 そして今日も雨。

06-7-17(月) さんだー

 「酸だー」でGoogle検索すると、PS2用ゲームソフト『THE 地球防衛軍』が大量にひっかかって懐かしいですね。自らの命と引き換えに「蟻の体液は酸である」という事実を教えてくれた結城隊員に敬礼!

**
 というどうでもいいダジャレはさておき、雷がハンパじゃなくひどかった一日でした。あまりに始終ゴロゴロ鳴りっぱなしなので、一応落雷時の被害防止タップつけてるとはいえ万が一のことを考えると心配で、PCの作業は午前中で凍結。テルミンも一応弾かないで避難(今思ったけど、テルミンってこういう時野外で弾いたらとても危なそうだ)。夜になってやっと雨もやみましたが、今日買い物行こうと思ってたのにすっかり台無しです。せっかくの休日だったのになあ。

06-7-16(日) 物語はまだ終わらない

 数年ぶりに三浦建太郎『ベルセルク』を読み返す。昨日書いたTHE MAD CAPSULE MARKETSもそうだけど、10代後半の頃にハマったものってやはり印象深い。

 『ベルセルク』を知ったのは確か96〜97年くらいで、チャットで知人から薦められた記憶がある。「まだ全然終わってないけれど面白いよ」と。で、近所の古本屋さんに幸運なことにほぼ既刊が揃っていて、試しに1〜3巻を購入してみたのだった。最初は「あー、よくある魔物退治モノかぁ」などと思いつつ読んでいたのだけど、3巻の終わりで主人公・ガッツの少年時代が出てくるとなんだかその後が無性に気になり、次の日にまた同じ古本屋さんに自転車を飛ばして続きを買いに行ったのだった。暑い中。

 そして目の前に現れたのは「黄金時代」なる章で、若い傭兵達の隊「鷹の団」の中で成長していくガッツと、団長である美貌の剣士・グリフィス、個性的なメンバー達、迫力のある城攻めの様子や政治的な絡み……などなど、非常に生き生きとした内容でびっくりしたのを覚えている。そして、その後の暗転も。

 自分が幸運だったのは、ちょうど既刊がキリのいいところ("蝕"が終わってロスト・チルドレンの章に入るくらい)まで出てたことで、あんまり歯がゆい思いをしなくて済んだところ……と書きたいけれども、今の展開は「いつ船に乗れるんだああああ!!」という感じで悶えますね。10年近く前に言われた「まだ全然終わってないけれど」が、まさか今もなお進行中だとは。たぶんあと10年経っても言ってる気がするし。

**
 えーとところで、数日前にさるところからDS用パズルソフト『メテオス』を頂き、あまりの面白さに10000個ほどメテオを打ち上げまくったところでふと気づいたんだけど、

 DS Liteの充電アダプタ、行方不明。

 ……先週末に居間を整理した時に、アダプタもどっかに整理されちゃったらしい! ていうか充電しなきゃ遊べないじゃん! と焦って探すも見つからず、バッテリ残り残量との戦いを経てしばらく、DS Liteのランプは「充電してくださいね」と赤く光ったのでありました。そして未だにアダプタは見つかっておりません。ががが。

 というわけで、一時DSでのお楽しみ凍結中。メテオスー。

06-7-15(土) にぎやかにやろうじゃないか

 暑いので、久しぶりにTHE MAD CAPSULE MARKETSをかけながら作業。後期のデジタルなMADサウンドは、からっと乾きつつも強大なパワーがあり、じめじめした日本の夏に元気を出すにはぴったりですね。

 でもつい昨日まで、THE MAD CAPSULE MARKETSが今年の3月に活動休止してたって知らなかった……かなりショックですよ。わたしが10代後半から好きだったバンド(例:Guniwtools,BLANKEY JET CITY,thee michelle gun elephantなど)はもうとっくの昔に解散とか休止しちゃってて、アルバムを出す頻度が低いとはいえ、現役で時々ライブやってるMADだけが心の支えだったんですが。ある意味青春が終わったともいえなくない。

 そんな自分がMADを知ったのは、深夜の音楽番組で『DIGIDOGHEADLOCK』(97年)の『SYSTEMATIC.』を聴いてそのパワーに衝撃を受けたから、なのですが、デジタルな音に移行する前の『4 PLUGS』(96年)、もちろん初期の『カプセル・スープ』(92年)あたりも大好きです。サウンドがあれだけ変わりながら「好き」という感情がぶれないバンドって、MADだけだったかもしれないですねえ。

 それから、人生で初めて「ヤフオクを利用してしまった」バンドでもあったりします。『PARK』(94年)の初回盤〜ボーナストラック2曲つき〜がどうしても手に入らなくて、ドキドキしながら入札したものでした。幸いほぼ定価で購入でき、ボーナストラックの内容も最高で(TAKESHI UEDAさんが歌ってる曲もあるしねえ)満足感に浸ったものです。

 あー、もう何もかもが今となっては懐かしい。

**
 と、過去を惜しんでばかりはいられないので、MADを爆音でかけつつ前を見据えてモニターに向かうわけですが、今日は結構涼しくて過ごしやすかったです。どれくらい涼しかったかというと、テルミン練習中の「背中にタオル」の必然性をあんまり感じなかったくらいに(昨日は感じた)。

06-7-14(金) お知らせ&夏のいちごつみ

【お知らせ1】

 今年の夏は基本的に金曜チャットお休みです。

 今日7/14〜8/18まで、ほとんどの(←ここポイント)金曜チャットをお休みさせて頂きます。

 理由。その間はずっと土日にテルミン関連でイベント出演なので、管理人の早起き&健康維持のため、であります。申し訳ありません。

【お知らせ2】

 その代わりといってはなんですが、来週7/21(金)に、普段とはちょっと違う金曜チャットを開催します。

 いちごつみ

 です。前の人から一語とって作る、短歌のあの、いちごつみです。

●納涼! いちごつみチャット

 7/21(金)21時〜 八月科チャットにて開催
 http://8-gatsu.ka.to/cgi/chat/index.html

 #今日14日ではなくて来週21日です
 #23時ではなくて21時です!
 #お間違いの無い様お願い致します

 ルールは通常のいちご(一語)つみ。二語つみ厳禁。お題・時間等の縛りなし。「はじめてなんですけど」という方もお気楽においでくださいませ。

06-7-13(木) 夏本番

 昨日からじめじめじめじめじめじめじめしていて、一言でいうと暑いです。あまりに暑くて、棒アイスをなめながらばててました。しかしばててばかりではいられないので、今日はなんとか復活。

**
 アルファナッツというゲームサークルの作品が好きなんですけど、なんと! 今ダイソーでソフトが発売中だそうで。ダイソーっつったらアレですよ、100円ショップですよ。もちろんソフトも100円なわけですよ。

 興味を持って調べたら、今ダイソーの100円ゲームソフトって色々出てるんですね。大体以下のような分類。

A.おなじみ系

 トランプゲーム、麻雀、花札などおなじみのテーブルゲーム。

B.フリーウェア移植系

 『レミュオールの錬金術師』など、有名な作品が結構移植されてます。今回のアルファナッツの『IndeTerminate PLUS ALPHA』もこの分類。ダイソー版では元より強化されている部分もあり、例えば『IndeTerminate PLUS ALPHA』はグラフィック周りが一新。

C.シェアウェア移植系

 昔購入した『ZombieVital(ゾンビヴァイタル)〜迷宮の経営者〜』があったのにはかなり驚いた。DLのシェア版だと2000円なのに、こっちは価格20分の1じゃん! と思ったら、ダイソー版は100円だけあって「B5階までしか作成できない」といった機能制限があるようです。他のシェア移植作品、例えば『三国動乱』なんかもダイソー版では制限が多い。

 ……本題とはそれますが、ダイソー版のネーミングってどうにかならないもんでしょうか。『IndeTerminate PLUS ALPHA』が『ファンタジーロープレ』っていうのは膝かっくんされた気分。正式タイトルもよく見ると書いてはあるんですけどね。なんかSIMPLE2000シリーズのネーミングを思い出しますね。

06-7-11(火) 赤→青

 自室のカーテンを赤から青いものに変えた。これも買ったんじゃなくて家にあったやつなんだけど、うちは一体なんなのだろう、納戸のどこかが四次元空間とつながってるとしか思えない。要は家族全員物が捨てられないということなんですが。

**
 近々もうちょっと詳しく書きますが、まずは予告。

 今月末から月寒グリーンドームでこども未来博(→公式サイト)というイベントがあるんですが、開催中の土日、そこの北海道電力ブースにてテルミンを演奏いたします。7/29、30、8/5、6、12、13、19、20の8日間、各日3回予定です。

 同ブース内ではテルミンの常設展示もやるそうですので、テルミンを体験してみたい! という方は是非。

 公式サイトを見たらまさに最先端の科学大集合という感じで、子供の頃を思い出してちょっとわくわくしております。

06-7-10(月) fine.

 GABANといったらラーメン屋さんによく置いてある青いパッケージのコショウというイメージしかなかったんだけど、最近はGABANのポテトチップス(ブラックペッパー)が気に入っている。

 辛くてお酒に合うんだこれが! で締めたいところなのだが(実際合う!)ここ数日まったく飲んでないのはなんというかあんまり飲む気分でもないしというかたぶん周期的なものに違いない。年に数回くらいはなる。

**
 毎週月曜日は『ビッグコミックスピリッツ』を買ってるのだけど(三宅乱丈『ペット』読みたさに買ってたら、連載終了後もなぜか習慣化してしまった)今もっとも気になる作品は? と言われたら、信濃川日出男『fine.(ファイン)〜 Two Steps From The Blue 〜』である。

 主人公は、美大卒業後も就職せずに絵を描き続ける男・上杉。たまに貸し画廊で個展を開いたりはするが、世間から注目されるわけでもない、絵が売れるわけでもないというポジションである。イラストの注文が来たりしても、自分の絵を「素材」として扱われることに耐えられず、結局仕事は不成立。

 そんな上杉が、とあるきっかけから「果たしてこのままでいいのだろうか?」と悩み始め、今は「俺のやっている芸術(アート)とはなんだ」とか「なんのために描くのか」みたいな壁とぶち当たってるとこなんだけど、結論をすぐに出さない迷いっぷりがいい。もう好きなようにやると決めて、ホームレス一歩手前生活に突入してみたり、結局また気が変わったり(その理由はリアルだよ…。詳しく知りたい方はたぶんそろそろ単行本に収録されてるんじゃないかと思う)。

 わたし自身は「短歌を作りだした理由とその継続の理由」「なぜテルミンを弾くのか」といったことに関しては、結構明確な答えを導き出している。だけどそれ以外のとこでは「なんでなんだろうなー」と思うことが未だに大量にあり、迷うことも多いので『fine.』に感情移入しがちなんだろうなぁ。

 あ、それから、序盤の上杉はネットラジオ(放送するほう)にハマっているのだけれど、あれもディープな世界ですな。

06-7-9(日) それはもう美しい歌に違いないから

 最近なんだか疲れてるのか、クッキリハッキリした夢を見ることが多いです。

**
 珍しく日記に検索エンジンからのアクセスがあったのでキーワードを調べたら「ライチ光クラブ」や「東京グランギニョル」。えーと、あんまり突っ込んだ感想書いてなくてすいません。今書き足すと、古屋兎丸『ライチ☆光クラブ』で好きなキャラクターは、忠誠心に溢れすぎたニコと、乙女な雷蔵です。

 ずっと前に福本伸行『賭博破戒録カイジ』のこと書いたら、それ関係で検索して来られた方がいたのを思い出しました。ちなみにその時のキーワードは「優しい おじさん カイジ ぐね」。自分がいつも検索エンジンに打ち込んでいる言葉を思い出すと何も言えないのですが、まあ、あえて言うと、世の中いろいろ。

**
 ちなみに『NEWスーパーマリオブラザーズ』は未だにクリアしてません。なるべくコイン集めたくて(ワールド1と2はコンプ)じわじわやってるのがひとつ。あとまだ、ワールド7出したばっかりだし。

 『マリオ3』の影響で「ワールド5は雲の面」「ワールド6が氷の面で、ワールド7が土管の面」とすり込まれていたもんで、『NEW』のほうで初めてワールド5に行った時「5が氷の面だなんて……!!」とショックを受けた、ということをひっそり告白しておきます。

06-7-6(木) 雨の日の歌

 【お知らせ】明日の金曜チャットは都合によりお休みします

**
 今日も雨で、明日もたぶん雨らしい。

 雨といえば、自分の短歌で「雨」を詠み込んだものは今まで何首あるだろう、と思って検索したら(パソコンで短歌作る習性があると、こういう時便利ですね)完成したものが3首、未完成なんだけど一応形にはなってるものが3首あった。意外と少ない。あと、そんなに出来がいいものもない(……)。雨になじみがないのは、昔、晴天が多い十勝地方に住んでいた影響かもしれない。十勝にいる時には「虹」「雷」といった雨関連の現象もほとんど見たことがなかったしなあ。

 先々月、英国に行ったら逆に15分ごとに雨が降って難儀したのだけれど、あまり大粒のものではなく「霧雨よりはちょっと雨っぽい」程度だったので、慣れればあんまり気にならなくなった。

 総合的な降水量も実は見た目より少ないらしく、向こうの知人は「ここ数年、干ばつがひどくて、庭にスプリンクラーで水を撒くのが禁止になることもあるんだ」と嘆いていた。そうなると、庭を愛する英国人達はせっせとじょうろで水を散布せねばならず、とても大変だという。今年は英国の皆さんが苦労しなくてすみますように。そして世界中の、雨を待ち望む人々もまた。

06-7-5(水) ソウルウェーブ

 今日から扇風機を導入しました。

**
 最近読んだ本記録。

ロバート・J・ソウヤー『ターミナル・エクスペリメント』

 1995年のネビュラ賞に輝いた作品。主人公は医学博士のピーター・ホブスン。人が死ぬ時にとある電気フィールドが体外へ出て行くという摩訶不思議な現象を観測した彼は、「魂」の正体を探るために更なる実験を進めていく。それは、自らの脳をスキャンし、その複製を「3つ」コンピュータの中に作り出してシミュレートさせることだった。対象基準となるための、元の自分とまったく同じ複製「コントロール」。自分は不死だという概念をインプットされた「アンブロトス」。そして死後の世界の自分として行動する「スピリット」。

 だが、実験から間もなくして、現実世界でピーターの憎んでいた人物が殺害されるという事件が次々に発生。どうやらネットを通じて、ピーターの複製のうちのどれかが殺人を発注したようなのだが、果たしてそれを行ったのは……。

 と書くとすごいサイバースペースっぽい話なんだけれど、それはあくまで一部分。「魂波」とか「脳の複製」「不死技術」といった設定以外のところでは、人間の心理をみっちり描いていて◎。SFかつ上等のミステリとして3倍楽しめます。ちなみにわたしの予想はものの見事にはずれました。まあ、当たってたら面白くないし!(負け惜しみ)

 ところで、もし自分の複製がコンピュータ内にあって自由に話し合えるとしたら、どういう気分なんでしょうね。とりあえず、自分の複製といちごつみ(前の人の歌から一語とって新しい歌を作る。俳句・短歌などの短詩型全般で行われるらしい)してみたいですが。たぶん結構面白いんじゃないかと思う。

06-7-4(火) いろいろ考えることは多いのだけれど

 考えて考えて脳が煮詰まりすぎそうになったら、DS Liteで『NEWスーパーマリオブラザーズ』やって気分転換。

 いやーそれにしても、任天堂はすごいや。なんというか「思ったとおりにキャラクターが動く」んですよね。操作のストレスがゼロ。今回は「巨大マリオ」だの「マメマリオ」だの、まさにNEWなマリオが出てくるし、新しい敵キャラクターもたくさんいるのだけれど、それぞれ直感的に「これはマメマリオなら入れそうな土管だ!」とか「これは踏んだら危なそうな敵だ」とかさり気なくわかるようになってるし。

 今ワールド6まで進みましたが、

 初代マリオ<マリオ3<マリオ2<NEWマリオ<ヨッシーアイランド

 ……といったとこでしょうか、自分の中での難易度順位付け。各ステージで満点を取ろうと思った場合、ですけどね。

 「今度のマリオは赤ちゃんだ!(ばぶー)」というCMだったヨッシーアイランド。主役はヨッシーで、マリオは赤ちゃんゆえヨッシーに背負われるだけでしたが「敵にぶつかるとマリオがお空へ飛んでいってしまうので捕まえなければならない」というルールが後半なかなか腹立たしかったものです。やっぱりマリオは成長してるほうが楽。

**
 夏風邪ひいたっぽいのでビタミン飲んで早寝。

06-7-2(日) 小休止

 金曜日までは脳がぱんぱんになるんじゃないかと思うほどぎっちり作業してたんで、土日はのんびり休むつもりだったんですが、虹色Chaosの打ち上げとか、今日はギャラリー市田でライブAssembly at Gallery Ichidaに行ってきたりで、なんだか普段より動いてました。でも動くのはやっぱり大事で、いい気分転換になりましたよ。

 Assembly〜は、デュオ2組と、最後は全員でカルテットという構成の即興音楽ライブ。最初の河口さん(ギター)+古立さん(ミキサー)のデュオが好きな音でした。カルテットは……いつどうやって終わるのか、というかどうやったら終われるのか、ちょっとだけドキドキしてしまったのはひみつ。

 あとライブの内容とは全然関係ないんだけれど、古立さんのCDプレーヤープレイ(CDむき出し状態で回す)を見てたら大人の科学のスターリングエンジンを連想しました。ちなみにこれ、父が買ってきて組み立ててましたが、結局未だに成功(作動)してないんですよ。うちには大人などいないというのか!!

**
 読んだ本記録。

古屋兎丸『ライチ☆光クラブ』

 原作は「東京グランギニョル」の舞台劇。というのは読む直前に初めて知ったことなのですが、これは実際に舞台を観たら本当にすごかったんだろうなーと、第一話のオープニング、少年達がドイツ語でなんだか叫んでいるシーンで既に思ってしまいましたよ(ゼラ! ゼラ!)。

 廃墟の秘密基地に集い、眼鏡のカリスマ美少年・ゼラを頂点として猟奇的な活動を行う「光クラブ」。少年だけで結成されたクラブは、英知を結集してロボット「ライチ」を作り出す。だが、ライチが誘拐してきた美少女をきっかけに、各々の関係は狂い始めていた。猜疑心を抱くようになったゼラはライチを使ってメンバーを処刑し、光クラブは破滅してゆく……。

 分厚さ(327P)を感じさせないテンポの良さ。効果的に使われている大きなコマ。漫画を読んでいながら舞台を観ているような、奇妙な感覚に陥りました。なんでも古屋兎丸氏自身がこの劇、そして東京グランギニョルという劇団に対してとても思い入れがあり、ようやくこれを漫画化できるだけの自信がついたので……という経緯があったらしいのですが(あとがき参照)その言葉に120%納得してしまうど迫力。オススメ。ただし、猟奇的描写にそれなりに耐性のある方に限りますが。同氏がかつて、単行本のその作品部分だけ袋とじにして(しかも袋を8つに分けて!)発表した『エミちゃん』(『Garden』収録)ほどではないですけど、それなりにエグいです。

[←前月] [過去ログ目次]
[最新版(八月科TOP)]
[次月→]
Akiary v.0.61