[←前月] [過去ログ目次]
[最新版(八月科TOP)]
[次月→]

06-6-30(金) 今日はまだアイス食べてません

 今晩30日(金)夜11:00〜 チャットやってます。
 http://8-gatsu.ka.to/cgi/chat/index.html

**
 今年買ったゲームは『RULE of ROSE』だけだったんですけれども、今日は先月からちょっと気になってたSIMPLE2000シリーズ『THE 原始人』を購入。たぶんそんなに長いゲームではないので、ちびちび遊びます。2000円だし。

 自分の傾向として、こういった●●の生活体験モノに非常に弱いんですよねえ。『ワールド・ネバーランド』(→Wikipedia解説)とか。

 ついでにDS Lite(アイスブルー)も予約してみました。これで今年の夏休みは色々な意味でハイテクになる予定……それまでに届けばの話ですが。

 ああそういえば、さりげなく腹立たしかったこととして、DSもDS Liteも全部完売していて本体がないっちゅーのに、ソフト売り場では『NEWスーパマリオブラザーズ』のプロモを延々と流してたりするんですよね。何かの拷問ですかこれは。

06-6-29(木) そして6月は明日で終わる

 自分のダメなところは「飽きっぽい」に集約されていると思います。2週間くらいだーーーーっとハマって、その後はほったらかし、というパターンが非常に多いのです。でもまあ、そのおかげで人生かろうじてぎりぎり暴走せずともいえます。そうじゃなかったらネットゲームで廃人になるタイプ。間違いなく!!!

 そんな自分でも、テルミンと短歌だけはなぜか飽きずに続けているので、周囲からは非常に不思議がられております。たぶんテルミンは根本的に「テルミンという存在」が好きで好きでしょうがないのだと思われます。一言でいうと、テルミンオタク。短歌はよくわかりませんが、定型にぴったり収まったものがすっと作れると、テトリスで長い棒を入れて四列消しできたくらいに嬉しい感じがするので、その辺のことでしょう。

**
 暑くなってきたので、近所のスーパーでDOLLの棒アイス(16本入り)購入。これで明日から3時のおやつはアイス!(寒い日のぞく)

 そういえば、こないだの英国滞在中、湖水地方で食べたレモンシャーベットは天上的味覚でした。何がスゴいって、メレンゲの小さい玉がちょびちょび入ってるんですよ。ほどよく抑えられたレモンの酸味に時々混じる、サクッとしたメレンゲの食感と淡い甘み……ガイドのおぢさんが「ここの店のアイスはうまいよ!」と言ってて、正直信用していなかった自分達でしたが、確かにあのアイスだけはおいしかった。おぢさんごめん。

06-6-27(火) せみ

 そろそろアレの季節が来たようです。

 毎年、夏の香りがし始める頃、孵化するセミのように現れる……それは人が眠りについた真夜中にそっと……ではなく非常にけたたましい音で、そう、いわゆる暴走族というやつです。

 近所の道路がお決まりのルートになっているらしく、数台のバイクやら車やらがけたたましい爆音で、しかも比較的ゆっくり走りやがるのです。言葉尻が多少荒くなりましたが、まさに走りやがるなのです。冬は休業するので(→参考記事:■北海道の暴走族は冬にどうしてる?)その分夏は張り切っているらしいのです。そんな頑張らんでも、と、最近不眠気味の自分は激しく思うのですが。

**
 今日は蒸し暑いのでテルミンのチューニングが伸び伸び。

06-6-26(月) 虹色Chaos終了

 虹色Chaos、無事終了致しました。
 ご来場いただいた全ての方々。展示・パフォーマンスで参加された全ての方々。どうもありがとうございました。

 即興音楽ユニット「ちのはて」の演奏は、点数つけるとしたら……ちょっと前半がおとなしすぎた気が。でもメロディックな後半はまずまずだったんではないかというのが見解。まあ、これはあくまで「弾いてる最中の自分の主観」にすぎないので、後で録音を聴くとまた全然違ったふうに思ったりするのですが。というか常に、録音を聴くと違った見解が生まれます。 

 あ、「ちのはて」の出番が終わった後、機材撤収とか色々あって30分ほど会場外に出てたら、eyeさんと男鎌田真吾さんのステージ丸々見逃しちゃった……ざ、残念!

 そうそう、今回のイベントでものすごく評価すべき点は、本番の進行が「押す」どころか、むしろやや早めに、まったく滞ることなく済んだことでしょう。音楽用、ダンス用と舞台が二つに分かれていたのですが、片方をパフォーマンスに使う最中、使っていないほうの舞台の転換をそろ〜っとできたというわけで。

 決まった休憩時間以外の待ち時間がほぼゼロ(!)で怒涛のようにそれぞれの舞台でパフォーマンスを観れるというのは、まさにカオスで良かったんじゃないかと思います。舞台がひとつに定まっていない分、パフォーマンスが始まるごとに、観客の視線が集中していくのがはっきりわかりましたし。常にピリッと締まった雰囲気で、出演する側としても、気分良くステージに立つことができました。リハーサルの時も含め、きっちり段取りしてくれた、主催の皆様に改めて感謝。

 個人的に印象に残ったのは、VOLTEXのお二人のライブペイント。作業服にガスマスク姿でライブペイントするんですけど、ビニールに描いてるんですね。なので、後ろに回っている時にも、色とりどりの絵の具の隙間からガスマスクがちらちらと。夢に出てきそうな奇妙なビジュアル。まさにライブならでは。

 あと、トリに出演されたユメウツツ+太田ひろさん+KAGEIさん。最後にユメウツツのお二人がステージ上に寝っ転がってエンディングなのかーと見ていたら、いきなり大量のパチンコ玉を「どばっしゃー」とステージにぶちまける太田さん。すごい演出だ! と思ってたらどうやらそれは太田さんのアドリブというか打ち合わせナッシングのサプライズだったようなのですが、いや、良かったです。パチンコ玉は後でせっせと拾って回収。

**
 ところで先日購入したアルタード・ステイツのCD、PCに取り込もうとしたらうまく認識せず。別にプロテクトかかってるわけでも、PCの調子が悪いわけでもないのに……埃とかキズも見当たらないしなぁ。変にカタカタ音がするから、もしや、歪んでる!?

06-6-24(土) 明日は虹色Chaosです

 コンカリーニョ生誕祭 参加プログラム
 【新感覚アートイベント 虹色Chaos】


 http://nijiirochaos.web.fc2.com/

 日時:2006年6月25日(日曜日)
 時間:OPEN16:30 START17:00
 料金:前売り1500円 当日2000円

 即興音楽ユニット「ちのはて」は、17:30あたりから15分くらい出演予定。
 どうぞよろしくお願いします。

**
 注文していたアルタード・ステイツの『Bluffs II』が届く。聴く。今聴いている。カッコいい。と一言でまとめるのはどうしようもないのだけれど、どうしてこういう演奏ができるんだろうなあと遠い目になってしまうくらいカッコいい。全編が完全即興演奏で、ところどころエッジがぴっと立っている、非常にメリハリのある演奏。

 15、6歳くらいの、ロックとか徐々に聴き始めていた頃の自分に聴かせても、素直に「これはすごい!」と言うんじゃないだろうか。そういう力のある、すごい音。

 No overdubs, no edit ,this is what happened in studio.

 ジャケット裏に印刷されているこの一文こそが、何よりカッコいいっすね。

**
 というわけで、アルタード・ステイツのライブを札幌でやってくれないかなーと期待しつつ、明日の準備をしたりなど。あんまり小物は持たず、シンプルな感じで演奏する予定ですが、即興音楽は何が起こるかわかんないのでお楽しみに。

06-6-23(金) ちゅーぶ

 今日(金)夜11:00〜 チャットやってます。0時過ぎまではいます。
 http://8-gatsu.ka.to/cgi/chat/index.html

**
 バンドのTUBE並みに、夏が近づくと活動し始める人ですこんばんは。夏は暑くて苦手ですが、やりたいことは多い。北海道の夏は短いし。もう今年は秋までゲームは封印して、夏がんばろうと思っております。それくらい今年の夏は暑い。はずです。おそらく。

**
 BBS修正終わりました。リンクの方式を変えたので、携帯からだとアドレスが見えないかもなのですが(携帯でのJavaスクリプト動作ってどうなってるんだろ?)えー、「携帯からBBS見たいので直アドレス知りたい」という方はご連絡ください。お手数おかけします。

**
 SPAMについては相変わらず腹立たしいことしきりですが、相手の戦術を読みつつ、複数の方法を組み合わせてやっていくしかないのだろうなあ、と遠い目になっております。ファイアーウォールのログとか見ても、意外と侵入されかけてたりするし。

 「不正侵入者との壮絶なるバトル!」とかいうとSFチックですらありますが、現実に起こるとちっとも嬉しくない。携帯電話の普及に伴う広告メール増加の件なんかもそうだったけど、「現実は小説より奇なり」を実感する21世紀。

**
 現在の所持帽子数は10数個くらいなのに、いつもかぶってるのは1個です。黒の別珍で、うさぎの刺繍が入った深めのハンチング。となると残りの10数個近くは一体どうすればいいのかという話なのですが、頭はひとつしかないのに、残りの10数個近くは今もクローゼットの中にあるのです。困ったな。

06-6-22(木) ある雨の日に

 明日23日(金)夜11:00〜 チャットやってます。
 http://8-gatsu.ka.to/cgi/chat/index.html

**
 こないだ友人のお部屋写真を見たら、ポストカードを額に入れて飾ってあるのがステキだった。聞くと「100円ショップで額あるよー」とのこと。なるほど、あなどれないな100円ショップ! と思って張り切って買おうとしたら、マイマザーに「額あるわよ、うちに」と言われた。しかも写真用に丸型やひし形の窓が幾つかついた、大きいサイズのが2枚も。ややアンティークがかっていて、なかなかオシャレ度が高くて良さそうだ。余計な出費をせずに済んだし嬉しい。

 だがまたしてもすっきりしないのは………結局自分は部屋の改装っていうより「買い物」がしたいだけなんじゃないか、ということなのだろうな。うん。今度メイベリンのマニキュア(600えんくらい)でも買おう。

06-6-21(水) やってらんないよ。

 BBSにちょうど昨日からどばーっと英文SPAM書き込みが増えたとこに、ちょうどよくプログラムがバージョンアップされてたのを発見したので、現在改造中。現行ログは取ってありますので、うまく稼動したら移行させます。

**
 ていうかもうね、正直、掲示板なんてやってられるかあああああ!!!! と絶叫したいくらいなんですけれども。仮に自分が独裁者であったら、自分の支配権内ではSPAM業者は厳罰に処したいくらいイライラしてるんですけれども。でもここでSPAMに屈するのも嫌だし、できることをやるしかないですね。はぁ……次はリンクの仕方をもうちょっと工夫するか……。

**
 SPAMで何が苛立たしいって、例えこっちが対策を講じてその手の書き込みができないようにシャットアウトしても、そんなことはお構いなしにアクセスされてくることなんですよね。

 例えばここの場合、昔使ってたBBSを一応残してあるんですが(書き込みは不可の状態)そこは未だに平均500アクセス/週を誇っております。ネットのあちらこちらでそんなことが勃発してるわけで、ああもう、SPAMによるトラフィックの総量を想像するだけで立ちくらみ起きそうですよ。SPAM。だめ。ぜったい。

 そういうことで数日間BBSがなくなってると思いますがお元気で。

**
 と怒ってたらガムを買ってくるのを忘れました。

06-6-20(火) 季節的

 色々なイベントがあったりして精神的ビッグウェーブに乗りやすいのが夏で、同時に暑くて体調がだめなのも夏。というわけで今日は終日寝込み(暑いせいとはちょっと違うけど)。今晩weird-meddle recordに「初夏の音楽祭」観に行こうと思ってたのに!! 河口さん神田さん古立さんごめんなさい。

**
 自室大整理計画において、オシャレなインテリアグッズを買おうと考えていたのに、現在買ったものは「家具の下に敷くゴム製パッド」(あとで家具を動かしやすくなる)2セットのみ。しかも近所のホーマック産だし。

 床に敷くラグは余ってた畳風マットですみそうだし、それじゃカーテンだけでも取り替えたいなーと思ってたら、家の納戸にちょうどいい色のやつがまた余ってたし。出費ゼロで使えるモノがあるのは嬉しい。確かに嬉しい。だがなんとなくすっきりしない。何故だ。

06-6-19(月) 捨てられない

 本来は不要なもののはずなのに、捨てられない。

 それは、パソコンを修理に出した時の梱包。正確に言うと「本体をビニールテープでぐるっと囲み、上に持ち手をつけた状態にしてあるもの」なんですけど。今のパソコンはデスクトップで、本体部分は正直言ってかなり重い。しかし持ち手がついてると非常に持ち運びが楽で楽で。また、プロの梱包だけあって、なかなかはずれないんですね。あまりに便利すぎて捨てられないまま7ヶ月近く経過。もういいや、このままで。楽だもん。

**
 英国で購入したキャンディースティックが、残り7箱になってしまいました。1箱10本入り、1本5センチくらいのお菓子。「激甘なバナナ味の、やわらかいラムネみたいな棒」って感じなんですが、なんかハマる味なので、ソニープラザみたいなとこで売ってればいいのに。

 まあ姉(←前、雑貨の輸入会社にいて、ソニプラにも出入りあり)によると

 「ソニプラはお菓子でも高いものしか置かないから、あんたのそのキャンディーみたいな"5箱で何十ペンス"みたいな激安の駄菓子はあるわけない」

 と言われたのですが。また英国に買いに行けということですか。キャンディー・スティックを求めて三千里。嫌な旅だな。

06-6-18(日) 踊り放題ランド June.

 昨日は、25日の虹色Chaosに向けて、即興音楽ユニット・ちのはてのリハーサル。

 虹色Chaosは普段の活動範囲とは違う層のお客様が多いであろうイベントなので、そういう意味でも楽しみですね。虹色の爆弾を投げ込むくらいの勢いでやろうと思います。25日というのは次の日曜。よろしく。

 その後、コンカリーニョで、踊り放題ランド June.というイベントを観てきました。

 考えてみたら、現代のダンスの公演をちゃんと観るのってこれが始めてだったんですけど、素直に面白かったです。この日のプログラムは4つでしたが、3つ目の尹明希(ユン・ミョンフィ)さんがとにかく舞台に立った瞬間のオーラが違ってて、目が離せませんでいした。単なる技とか動きとかじゃない、もっと上の圧倒的な情報量を流し込む踊りというか。あれはなんなんだろうなあ。曽田正人『昴』の、すばるがボレロを踊ってた時のエピソードをちょっと思い出したり。えー、例え方が漫画オタクですいません。

**
 自室の床に新しく敷く絨毯だかラグだかステキなマットを買いにいく→が、いいのがない。で終わった休日。結局家にあった畳風マットを再利用。涼しげです。

06-6-16(金) 361円

 自室大整理中に発見した金額。

**
 今日(金)夜11:00〜 チャットやってます。
 http://8-gatsu.ka.to/cgi/chat/index.html

**
 昨日で「八月科」開設より満4周年でした。
 
 4年間で何か変わったかというと、トップページが6代目になってることくらいでしょうか。あ、Akiaryを導入してCGI日記にしたのもかなりの変更点。あとは意外に変わってません。「バナーを作らなきゃなあ」と思い出したように書きつつ、未だに作っていないという点も変わってません。

 むしろ、blogの流行とかSNSとか自宅のネット接続が光ファイバーになったこととか、周りの環境のほうがめちゃくちゃ変化しました。特にblog。最初は「アメリカでは"ウェブログ"という形式の、個人が発信するニュースサイトのようなものが注目を集めています」くらいの認識しかなかったのに。今や題詠100首blogもできちゃうくらいだしなぁ。

06-6-15(木) エアチェック

 昨日は夜、「(→NHKでアルタード・ステイツのライブが流れる」というのをMD西村さんから教えてもらって、ヘッドホンつけてノーカット63分を堪能した次第。

 この「63分」は、何曲かかけて合計が63分ではなく「1曲63分」。NHK-FMならではの豪快技といえましょう。でも実際に聴いてみると全然長く感じなくて、それどころか始終明らかに脳内が高揚していて、なんとも贅沢な時間でした。録音するの忘れたけど(凡ミス)。

 高揚しすぎでその後夜明けまで作業しちゃったし、良いインプロはシャキっとしますね。でも寝て起きたら異常に疲れていたというオチがついたわけですが。徹夜はほどほどに。

**
 CDを整理して棚に詰めたり、住所が書いてある紙類をシュレッダーにかけたり、など。幸か不幸か、持ってるCDの数は思ってたより多くはなかったです。自分で買ったりしたのが150枚くらいで、後はライブ音源など頂いたりしたものが数十枚、くらい。

 最近はMP3プレーヤーしか使ってなくて、CDそのものを聴くことはなかったので、掃除の景気づけにSONATA ARCTICA『THE END OF THIS CHAPTER 』をMD・CDラジオ(カセットデッキ部分はなし)に入れて、爆音でかけてみました。蝦夷梅雨のうっとうしさはメタルで解消。掃除終了後はメタルつながりで、若杉公徳『デトロイト・メタル・シティ』を再読し、ゴートゥDMC!とニヤリと笑ったりなど。これ以上この漫画のセリフは引用できません。

06-6-14(水) フローリング用コロコロを発明した人ってすごいね。

 あと、凍ってもやわらかいアイスノンを発明した人とか。

**
 本日は書類・ちらし類といった紙の山と格闘。ようやく部屋全体の3分の2くらい片付け終わりました。たぶん棚がひとつ空くので、そこにCD類をまとめて収納しようと計画中。数年前に東急ハンズで卓上用CDラックを買って使ってたんですが、それからみるみるうちに手持ちCDが増えて収納しきれなくなってたし。

**
 最近読んだ本記録。

古川日出男『LOVE』

 猫と東京と猫、小学生と大人と老人。でできている「巨大な短編集」。『ベルか、吼えないのか?』に対する猫的アンサー、でもあるらしいです。

 情報量が莫大な『ベルカ〜』よりすんなり入れて面白かったんですが、きっとこの物語の舞台である品川とか天王洲とか五反田をよく知ってる人なら、1000倍はエキサイティングに読めるんだろうなあと思うとそれがかなり悔しい。いっそのこと、プロ用の詳細な住宅地図を参照しながら読みたいくらいに。あ、グーグル・アースで自動巡回するのも面白いかも。

 ところで、この人は「地下」が好きですね。RPGのように何人もの若者が地下迷宮に降りてった『アラビアの夜の種族』しかり、レニがカメラ担いで、地下の小人族と戦いに降りてった『サウンドトラック』しかり。今回もまた地下でとある帝国が……もふっげふん。

06-6-13(火) お前の進むほうが出口だ

 自室大整理中。

 というのも、粗大ゴミ回収有料化がもう少しで始まっちゃうので、その前にいらない家具を出さねばならないのですよ。ならばこれを機に徹底的に整理しようではないか! という目論見なのです。

 しかし1日で全てを成し遂げるのはさすがに無理なので、昨日はクローゼット関連、今日はパソコンデスクの横の棚、という風に少しずつの面積を完璧に整理する「1日1箇所方式」を地道にやってるのですが、案外これは効果的です。室内を「済」と「未済」にくっきり分けることで、「未済」部分が普段より気になり出し「明日はここを片付けよう」というパッションがわいてくるし。お試しあれ。

 ……にしても、一番困るのは本よりも各種メディア類だな……。本は「要らない本」がかなりくっきり分けられるけれど、例えばパソコン系のCDは「後から使うかもしれない」というのが結構多いし。まだCDならましなほうで、MOとか、フロッピーといった旧メディアだと更に困る。ある程度必要なものは外付けHDDに入れちゃったので、ばっさり処分するべきなのかも。

**
 最近読んだ本記録。

機本伸司『神様のパズル』

 留年寸前の大学生である主人公と、飛び級で大学に入ったものの不登校である天才美少女がタッグを組み、卒業とプライドといろいろなものを賭けて「宇宙の作り方」ゼミで「宇宙が作れる」ことを証明するよ! というSF。そして実は真っ向な青春小説。第三回小松左京賞受賞作。

 作中の結構な部分が「宇宙の作り方」理論で占められているのですが、ゼミでの討論という形を取っているので、その過程が極めて自然に追える。これは秀逸。主人公の知識は「お前は本当に理系の大学生なのか!」とツッコんでしまうレベルですが、それはまあご愛嬌かなあ。

 主人公が導き出した結論は多少ぐだぐだな気がするのですけれども、こういう「日常」から離れないキャラクター、というのは個人的に好きです。漫画だけど、岩明均『七夕の国』の主人公と「地に足が着いた感じ」が似てるかも。それは制約であると同時に、強みでもあるわけで。

 えー、あとこの小説はアレですね、理系の本をかじり読むのが好きなんだけど、計算式とか出てくると頭が痛くなるという方にオススメです。それはつまり自分なんですけれど。

 ちなみに映画化(!)も決定しているそうなんですが、「作り方」の討論部分をどういう風に見せるのかが気になります。小説だと、多少わからなくても飛ばし読んだり逆に繰り返し読んだりが可能ですが、映画だとずっと見てなきゃいけませんしね。あとラスト近くのあのシーンは、そのまま映像化すると(作中でも触れられているとおり)「某アニメな感じ」そのままに……さてさて。

06-6-12(月) もしも世界からYAHOOとHotmailがなくなったら

 ……うちに来たスパムの差出人アドレスをちびちび記録しているのですが、yahoo.co.jpとhotmail.comが断然多いんですよね。なんだかこのふたつのアドレスが憎い。あとそれから「ご無沙汰してます」みたいな件名も憎い。ここまでくると、「出会い募集☆」みたいなよくある広告っぽい件名のほうが、いっそ好感が持てますよ!!

**
 昨日はアガルタ通信@くう。

 やっぱり大音響で聴く生演奏は良いものです。最後はかなりノリノリで聴いてました。さすがに踊らなかったけど。あ、第二部途中の「山田さんタイム」(重い曲の前に、ということで山田さんがしっとりとした懐かしい曲を弾く)は最早恒例なのでしょうか。あそこだけ時空が歪んでて、ミラーボールが回りかねない感じ。それが山田さんワールド。

06-6-10(土) とおくからてをふる

 杏露酒のお湯割りがおいしいです。しかし今の季節になって「お湯割りはあったかくておいしいなあ」って、つまりとんでもなく寒いってことなんですけれども。気候が。今年の農作物の出来は大丈夫なのか真剣に心配。

**
 友人に電話したら、

 「はづきさん、丸井(今井)でやってるエジプト展行った?」

 と聞かれたので「行ってないよ」と答えたら、

 「絶対行ってると思ったのに!」

 と言われました。そんなにエジプト関連物が好きそうに見えるのでしょうか。いや、嫌いじゃないですけど。ピラミッドは一回実際に行ってみたいなー、と子供の頃には思っていたくらいですし。でも、ある人から「これ、エジプトの写真」と見せてもらったものは、ピラミッドのすぐ裏に露店や町が迫っている……という現実をとてもよく写していて、わたしの憧れていた「砂漠の真ん中にそびえ立つピラミッド」というイメージを粉々にしてくれたものです。

 あと野望があるとすれば「ピラミッドに登る」くらいでしょうか。でもそれも、モエレ沼公園のモエレ山に登れば、なんとなく似たようなもんだし。そんな身近なところに楽しみを見出す人生。

06-6-9(金) 

 今チャットやってます(夜11:00〜)
 日付が10日に変わるくらいまではいます。

http://8-gatsu.ka.to/cgi/chat/index.html

**
 来週の15日で、このサイト開設から丸4年になります。

 特に何かする予定は………いや本当は何かしようかなーと数ヶ月前に思ってたらしいですけれど、気が付いたら来週になっていて「特に何もしません」に変更したとか。時間が経つのって早いっすね。

06-6-8(木) だるだる菌

 明日9日(金)、夜11:00〜 チャットやってます。

 http://8-gatsu.ka.to/cgi/chat/index.html

 それにしても、メッセンジャーとかスカイプとかばんばん使える現代日本Webにおいて、チャットってどんどん減ってますね。自分もメッセンジャーは使っていますが、どちらかというとチャットという形態のほうが好きなので、トラブルが起こらない限りは、たぶん続けていきます。今のサーバー軽いし。

**
 だるだるにとりつかれてしまったので、本当は20時間くらい延々と睡眠をむさぼりたい気分なのですが(逃避ともいう)まあ、目の前のことをひとつひとつ片付けないと。だるがってる場合じゃない。がんばれ自分・・・。

06-6-7(水) 自己凝視

 昨日打ち合わせで琴似に行ったのだけど、JR琴似駅に近い場所かと思ったら実は地下鉄琴似駅のほうで、JR→地下鉄間を超高速で移動するはめになりいい汗をかく。こんな凡ミスをやらかす自分がたまに許せません。

**
 小石清『初夏神経』をめくって、息を呑む。収録されている写真はたった10作品(!)で、昨日書いたように表紙は金属(ジンク)板、綴じはスパイラル(リング綴)、というなんとも凝った作りである。

 写真のジャンルとしては、いわゆる「芸術写真」「前衛写真」に区分されるものだが、タイトル『初夏神経』が表すように、どれもひりひりと焼けつくような強烈な感性が渦巻いている。油断すると後ろからばっさり斬られそう(というか斬られた)。

 とにかく、今から70年以上も前に、こういう表現をしていた人がいたんだなーという時点で既に斬られる。巻末には、各々の作品をどうやって製作したかの簡単な説明がついていて、例えばそのひとつが「乾板(←時代を感じますね)に釘を刺して割る」ことだったりして、もうこれは斬られてぶっ倒れながらも嬉しくなってしまうばかり。

 小石清の大規模な回顧展はまだ開催されたことがないそうなのだけれど、それは非常に残念。同じ浪華写真倶楽部で活躍していた安井仲治の写真展が2004〜2005年に行われたことだし、小石さんのもどこかで実現してくれないかなあ……。

06-6-6(火) 遂行

 図書館に頼んでいた小石清『初夏神経』が手元にきました。やっほう! ちなみによその図書館から貸してもらったとのこと。高い本だし、リクエストした自分もそっちのほうが気楽なので何より(元の図書館に行けばまた手にとれるしね)。

 冗談半分に「殺人事件が起こせそうな重さの本」と言ったりすることがありますが、この本は表紙が金属板なので真剣に重いし硬いしで、取り扱いには気をつけたいところ。きちんとテーブルの上に置いてめくらないと腱鞘炎になりそうだし。

**
 あんまり「昔は良かった」と言いたくはないんだけれど、スパムメールが皆無だったという点では10年前のインターネットがとてもうらやましくなったりするのです。今のメールアドレスを変えて、Web上に一切アドレスを出さないようにしたくなったりもするのです。でも、「Webにアドレスを出してなきゃ来ない」というラッキーなメールも確実に存在するので、その辺の兼ね合いが難しいですね。

 それにしてもこのスパムの量、もうやってられませんよ!! しょうがないのでフィルタリングソフトを導入中。今のところ、戦果はまあまあ。

06-6-5(月) ちょっとだけ痩せました

 帰国後一週間……実は滞在末期、自分の体型を少々危惧し始めてしまっていたのですが、一週間経ったら元に戻りましたよ。ていうか前より改善されましたよ。よかった。

 思うに、旅行中は出てくるもの出てくるもの高カロリーというか高コレステロールだったのですね。お肉とかお肉とかお肉とか。しかも量多いし。そんで付けあわせが大量のフライドポテトだったりして。おいしいけど間違いなく高カロリー。

 もっとまともな野菜のおかずをー! と思っても、自分は生野菜のサラダが苦手な上、温野菜部門はというと、英国料理はズバリ「茹ですぎ」なんすよ。茹でたブロッコリーをフォークで刺そうとすると、ぐっしゃり崩壊するくらい。たぶん、茹で汁のほうにいいダシが出てるんじゃないかと思います(でも、小さい頃からあれに慣れてる人は、"しゃっきりした茹で加減の野菜"を食べたら、堅っ! と思ってしまうのだろうなあ)。

 と、あんまり野菜に期待できないので、お腹の調子を整えるためにヨーグルトを欠かさなかったのですが、また向こうのヨーグルトって例外なく何か甘い果物が入ってるんすよ。おいしいけど間違いなく高カロリー。

 じゃ、プレーンなヨーグルトにすればいいかな、と思ってスーパーでそれっぽいのを買ってみたら、お前はクリームチーズの一族なのか! とツッコみたくなるような「固い」やつだったりして、結局ジャムや砂糖を加えないとものすごい食べづらいのですね。おいしいけど間違いなく(略

 昔、アメリカ行った時も、たったの数日間でやや丸くなって帰ってきたんですが……いやー、あの食生活は危険です。何より危ないのは、基本的な量が多くなっちゃうところ。周りの人が信じられない量を食べてるもんで、ついつられちゃうんですよね。注意注意。

**
 昼寝していたら金縛りにあいました。

06-6-3(土) 曜日

 き、金曜日だということを忘れて超早寝してました……チャットにいなくて申し訳ありませんでした。だめだ、まだどっかが時差ボケしてるなあ。

**
 芦奈野ひとし『ヨコハマ買い出し紀行』14巻読了。連載なんと12年、これで最終巻。

 「ロボットの人」アルファさんを中心に描かれる季節の移り変わりと、てろてろした時間。「人」という種と文明が衰退していく「夕凪の時代」のお話。分類すると「叙情SF」なのかもしれないけれど、これはもう「ヨコハマ」というジャンルを作りたくなるくらい、不思議にゆったりした空気の流れていた漫画でした。

 巻を重ねるにつれて、明らかに「時間の経過」を表すエピソードが増え、今回の最終巻はものすごい速度……まさか一気にそういう展開になって、ああ終わるとは!(1巻の頃には全然予想してなかったよ)あと、1巻と最終巻の裏表紙の風景を比べると、なんともせつなくなりますね。

**
 明日は美味しいラーメンを食べにいくと今決意した。

[←前月] [過去ログ目次]
[最新版(八月科TOP)]
[次月→]
Akiary v.0.61