[←前月] [過去ログ目次]
[最新版(八月科TOP)]
[次月→]

06-4-29(土) 脱力

 帰宅後一週間にしてようやく疲れが出てきて免疫力が下がったのか、夜中からがっくり体調が悪くなって、起きたら風邪をひいてました。ばうばう咳をしながら、今日明日寝込むことと、今日のライブの予定をキャンセルすることに決定……ご一緒する予定だった皆様申し訳ありません。無念。

 とりあえず18時間くらい眠ればだいぶ治るという予感。寝ます。

06-4-27(木) 金曜チャット

 明日4/28(金)夜11:00〜
 久しぶりに金曜チャットやってます。
http://8-gatsu.ka.to/cgi/chat/index.html

 久しぶりすぎて告知出すのが前日に……!! ごめんなさい。

**
 ゲームボーイアドバンスSPってやっぱり持ちづらいや。2時間くらいプレイしてて左手の小指が痛くなって、なんでだろーと思ったら小指を曲げた状態で本体を持ってるからだった。正直このサイズは、片手で持つには大きすぎて両手で持つには小さい。

**
 東京にいたときにテッド・チャン『あなたの人生の物語』という文庫本を買った。タイトルだけ見るとなんだかスピリチュアル関連の本のようだが、中身は非常によくできたSF短編〜中編集。

 その中の『七十二文字』という話の「名辞(文字列)を埋め込むことで動く自動人形」というやつ。ゴーレム伝説が元なんだろうけれど、紙片を埋め込んで粘土の固まりが動く映像を前にどこかで……んんーと記憶の底をさらっていたら、そうだヤン・シュワンクマイエル『ファウスト』だったーと帰りの飛行機の中で思い出した。そういえばチェコこそゴーレム伝説の国だし。イジー・バルタ『ゴーレム』なんて作品もあるし。残念ながら、バルタのゴーレムは何年経ってもパイロット版のようですが……(もう6年は経ってる)。

06-4-25(火) いやはや

 東京行きの疲れが今頃出たのか、寝こむ。ぱたん。

 あ、電話出れなくてすいませんでした(枕元に携帯持ってくの忘れた)。

**
 明日午前中までに出力終わるかなあ…。

06-4-24(月) 春の音楽祭

 東京で毎日、普段の10倍は歩いてたので結構筋肉痛で、帰ってきてから「やっぱり運動は大事だな!」とスクワットを開始したら次の日また筋肉痛です。まあ、地道に毎日やるしかないなあ。

**
 昨日は『春の音楽祭』と銘打たれた企画を聴きにweird-meddle recordへ。目の前数十センチのところで演奏を見る、というのは非常に緊張するシチュエーションですが楽しいですね。河口さん、古立さん、神田さんのどなたも面白かったんだけど、「数十センチという距離感」がいちばん生きていたのは、神田さんの「アコースティックベースに振動や物体の摩擦を加えることで演奏する」というものでした。弦の微細な振動が目撃できる距離で見られてよかったです。

 あと演奏終了後に、M岸さん(微妙に仮名)が「神田さんの演奏は…なんというか、日本庭園のように…ふらふらしていて…」という超現実的な感想を述べていたのが非常に印象深かったです。詩人だ。

**
 なるべく特急でやんなきゃなんないことメモ。

・頼まれてたデータをCDに焼く(3枚くらい)
・頼まれてたデータをスキャンしてメールで送る
・先週の円盤でのソロ演奏をアップする

 昨日PCの前に数時間座っただけでみるみるうちに体調が悪化したので、素早く。

06-4-23(日) モニター内の冒険と幻惑

 というわけで、昨日から『MOTHER3』を少しずつプレイ中。その感想などは伊藤隆浩さんとの企画『BOY not meets GIRL』内で書いてるので、ご興味がある方はそちらをどうぞ。

 しかし『3』ばっかりやってるわけにもいかないので(待ちに待った特上のデザートを食べるように、ちびちび楽しみたいゲームだし)、PC上で旅行中の日記を書くことにする。

 で、バックグラウンドにはアンディー・メンテ(→公式サイトあばたえくぼ)の新作ゲーム『スミレの花』が動いてたりする……って結局ゲームやってんじゃん! と心の中の100人の小人さんにツッコまれつつ、現代OSの利点であるマルチタスクを生かして順調に両作業は進むのであった(日記は後日まとめてアップします)。

 『スミレの花』は一言でいうと「超孤独な『アストロノーカ』」といった趣。宇宙だし。植物育成だし。ただ、その設定のせつなさときたら……セーブポイントがこんなに悲しいゲームはそう無い………。

06-4-22(土) 帰宅。

 ホントは今日(土曜)にのんびり帰宅予定のつもりだったんだけど、金曜早朝に東京で地震が起きて、地震恐怖症の自分はただならぬ反応を示してしまい(一言でいうと極端な緊張と不眠)「もういいや、どっと疲れたから金曜に帰ろう…というか帰りたい」というわけで、キャンセルされた席が数席あるのを確認し、金曜夜のAIR DO道民割引チケットを取り帰宅。

 そうやって金曜夜、羽田空港に行ったら「機材不足のため欠航」という表示が出ていて呆然としたり、でも羽田発なのでANAの振替便がなんとか飛ぶことになってほっとしたり、でも乗ってみたら「気流の悪いところを飛びますので、化粧室のご使用は離陸前に」というアナウンスが予告していたとおりえらいこっちゃ揺れたり、といったしょんぼりイベントが続く。

 が、帰宅できたのは喜ばしい。

**
 ものすごい密度が濃い一週間だったけれど、家に帰ってきたからってのんびりしてちゃいかんな…。うむ、まずは目の前のことをやろうではないか!

 そして今目の前には、Amazonからの茶色い包みがあって、中には『MOTHER3』があるらしいです。これはもうやることって決まってますよね! ね! 

06-4-21(金) 秋葉原はなんだか綺麗になっていた

 帰宅日。

 午後、秋葉原の交通博物館に連れていって頂く。

 そう、実は今日お会いした方は鉄ちゃん(=鉄道マニア)だったのです! というのは大嘘で、「今年で施設がさいたま市に移転しちゃうから、今のうちにと思って」ということだった。情緒あふるるレンガ造りの建物といい、実際に博物館の上にゴーッと現役路線が走っていることといい、館内の食堂に流れる今どきあり得ない「昭和30年代感」といい、なるほど、確かにこれは良スポット。

 もちろん中の展示も鉄道から飛行機までものすごく充実していて、あんまりその手のものに興味が無い自分ですら「あ、運転シミュレータがある!」「これが本物の御料車なのか!」等々、結構楽しめてしまいました。すごいよ。たぶんマニアと呼ばれる人たちだったら、わたしの350倍は楽しそうです。そういう意味では、交通マニアが思わず羨ましくなってしまった。

 駅への帰り、ファミコンキャラクターのドットフィギュアが入ったガチャガチャで、マリオのやつが欲しいなーという流れになり、ひいてみる。同行した方は一発で見事マリオをゲット。さてわたしは……

 がちゃ。「バルーンファイター」 ……えええ!

 じゃもう1回。「エキサイトバイク」 ……だから違うっての!

 と、マシンを変えつつ3回目にチャレンジしたところ、コインが詰まったらしく景品が出てこない。お店の人を呼んでもらう。まさか…これで詰まりを直した結果、またマリオじゃなかったりして。と思ったら、上の蓋をぱかっと開けてくれて「あ、お好きなのどうぞー」と微笑むお店の人。ありがとうお店の人、おかげでマリオゲット!

 ……って冷静に考えると、そこまでして欲しかった景品かと言われると案外そうでもない、というのがガチャガチャの魔力である。手塚治虫モノなら今でも張り切ってつぎ込めるけど、滅多にないし。

 午後7時ちょっと過ぎの飛行機に乗り、滑走路混雑のため30分くらい待たされたりしつつ、午後10時過ぎ帰宅。

06-4-20(木) 旅行中のほうがアクティブ

 横浜でひたすら飲む。鶏、おいしゅうございました。

 本当は今回、茅ヶ崎のとあるイタリアンに行きたいなーとも考えていたのだけれど、そこまで行っちゃうと帰るのが大変なのでその案は見送り。ハートランドのビールが置いてあるいいお店なんですけどねえ。

 そしてここで計算してみたら、この日を入れて、東京全日程6泊7日中4日間が午前様ということに……これって札幌の3ヶ月分くらいに相当するような(札幌では滅多に外で飲まないのです)。

06-4-19(水) ダーツ&牛タン

 「神田たん禅」で、生まれて初めて牛タンなるものを食べる。これは美味しい! あとこのお店、牛タンだけでなく、牛スジや鶏など他の肉料理も大変美味しく、更にギネスビール飲めるし、カクテルもオリジナルのが多いし、中には「トマトの焼酎(!)カクテル」なんてのもあるし、素晴らしい。

 皆で散々飲んだあげく、設置されているダーツマシンで人生初ダーツにもチャレンジしてみる。ダーツって手塚治虫『ブラック・ジャック』の「BJ先生は幼少時、将来の復讐に備えてダーツを練習していたが、ある日誤って親友にダーツの矢が刺さってしまい、その傷が元で彼は生涯寝たきりの身に→その後BJ先生が医師になってから手術するものの親友は結局死亡」という鬱エピソードのおかげで微妙にトラウマだったのだけど、今のダーツマシンは先が針じゃないので安全です。尖端恐怖症の人(←自分)でも結構大丈夫。

 人生初ダーツの記録は、カウントアップ(3本×8ラウンド投げるやつ)で、401点也。1ゲームあたりの値段もリーズナブルだし、結構面白いなあ、ダーツ。

06-4-18(火) ジャパノイズ

 ジャパノイズのイベント、Stoned Soul PicnicVol.15に行く。

 会場は六本木なので、同行してくださった方と六本木ヒルズをぶらついてみたりする。いつもテレビで見ている六本木ヒルズは「ものすごい都会」というイメージだが、実際にはヒルズがどかーんと建ってるその周りは、どちらかというと小さいビルや、ごく普通の住宅ばかりだ。新宿初台におけるオペラシティータワーと似たような雰囲気。

 ヒルズ入り口で、ビールのハートランドの看板を見つけたので「ん?」と思って覗いてみたら、立ち飲み式のバーになっていた。今検索したら、ちゃんとお店のサイトもあるのですね。(→ HEARTLAND) ヒルズに住みたいとは思わないが、好きな時にハートランドが飲めるというのは結構天国かもしんない。

 会場の西麻布BULLET’Sは、「ちょっと広めのクラブ」といった感じのお店。この手のお店にしては珍しく、靴を脱いで上がる形式で、決まった客席はなく、その辺にあるソファーやクッションに適当に座れるようになっている。夜7時から11時過ぎまでの長丁場のイベントだったので、これは大変楽で助かった。ただ、五本指靴下は履いてかなかったほうが……良かったな……(って、前にもどっかで同じ失敗を犯してるんですよねこの人は!!!)。

 内容はどれも良かったんだけど、3rdに出ていたフランス人・Rainier Lericolaisさんと、沢田穣治さんのデュオは本っっっ当に良かった。時々高周波を交えつつ、どこまでもどこまでも伸びてゆく塔のような展開。聴いていて気持ちよくナチュラルトリップ。

 あと驚いたのはVJ。なんと「OHPを使って、オイル(?)オブジェを拡大投影する」という方式で、オブジェを直接指でぐにぐにやることで、投影された像をダイレクトに変えているのである。変にCGを使われるよりこういうほうが観てて飽きないなあ。

 しかし、演奏中にやたらと大きな声で喋っているお客さんが多かったのには、なんだかなーと思ってしまう。飲み会じゃないんすから…。

06-4-17(月) カフェめぐり

 吉祥寺〜池袋の「カフェ巡りツアー」に途中から参加。ホットチョコレート、大変濃くておいしゅうございました。しかし自分という人間は吉祥寺にはまったく似合わない、と思った。おしゃれすぎるんだもん(吉祥寺が)。

 池袋では、4月末に閉鎖してしまう詩歌専門店「ぽえむ・ぱろうる」へ。こういうところに小まめに通える環境だったら、現代詩にももっと興味が出たかもしれないなあ、とふと思う。自分が熱心に読んだことのある「現代詩」といえば家にあったいわゆる全集の類だけで、昭和30年代でストップしてしまっているので。そのつながりといっては何だけど、段ボールの中で200円で投売りされていた現代詩文庫『草野心平』を買う。

06-4-16(日) FOT東京サロン@円盤

 高円寺の「円盤」で、フレンズ・オブ・テルミン東京サロンに出席兼出演。

 デジタルテルミン(+エフェクター)にEtherwaveでの、「テルミン(←二本アンテナ部門)の違う機種二台を使用しての即興音楽ソロ」というのは、今思うと世界初なのではあるまいか!! 世界初。こう言うとカッコいいが、まあ、テルミンて元々演奏人口がそんなにいる楽器ではないし、割と何やっても「初」になれるという特典はあるかもしれない。それが面白い「初」でその後の発展性を持ったものにできるか、一度限りのネタで終わるかは、その人の技量次第だけど…と、自戒をこめて書いてみる。

 井伊英理さんの演奏は、指先がひらひらとうたっているような感じで華麗だった。結構変わった奏法だったので後で尋ねてみたら「去年頃から考えて、自分のスタイルに合わせて変えてみたんです」というようなことをおっしゃっていた。なるほど。

 ライブ終了後、井伊さんのEtherwave Proを試奏させて頂く。うーん、ずばり「使いやすい」。とにかくボリュームの追従性が素晴らしく、スタッカートなどがすっと出来る。音色のセッティングもEtherwaveより幅広い。どちらかというとProのほうが「MOOGの音」っぽいという感じ。 ただ、Etherwaveよりかーなーりー重いし専用スタンドが要るし、見た目はスリムだけど実際に占有する面積はそんなに変わらないので、実際に買いたいかと言われると……家の面積が……。

 撤収後に、主催のクリテツさんご一行と、高円寺駅前の中華料理屋さんで遅い夕食。このお店、安くて美味しかったんだけども、謎だったのは「注文した品が出てくる時間」だ。とにかく、定食類だけ出てくるのが異様に速い。注文から3分程度しか経っていないのである。無論、よくある「レンジでチン」などではなく、明らかに作りたての湯気が出ているものが、だ。厨房の中で一体何が行われているというのか……まさに中国四千年の神秘であった。

 今回、東京での初ソロ演奏ということでかなり緊張していたものの、自分で納得のいく演奏ができて、あと色々勉強になることも多く、いいライブだったと思う。どうもありがとうございました。

06-4-15(土) 東京のほうが寒いというのはどうかと思う

 昨日東京に着いた時から思ってたことなんだけど、寒い。

 「東京は意外に寒いですね」と聞いてみると、「昨日から急に冷えたのである」という答えが返ってくる。自分が北の国から寒気団を連れてきてしまったとしか思えないタイミングだ。東京で春らしいぽかぽかした気候を味わいたかったのに!!!

 滞在先へ送った荷物の中に、フリースの部屋着を入れておいて良かった…そうじゃなかったら寒くて眠れなかった…と、遠い目になってしまうくらいの寒さである。

 しかし、まさか外にこの部屋着で出て行くわけにもいかないし(なんとミッフィーちゃんつきだよ)、他に大した上着は持ってきてないし、しょうがないので通りすがりにあった西友で、さっと羽織れるブラウスを買ってしまう。こんなところで出費する羽目になるとは。

06-4-14(金) たまトザ 『LOOPS』

行ってまいります。
 20日か21日くらいには戻るんじゃないでしょうか。

**
 今回の旅本。

・コードウェイナー・スミス 『鼠と竜のゲーム』
・大森望 『特盛! SF翻訳講座 翻訳のウラ技、業界のウラ話』
・ポール・ギャリコ 『ほんものの魔法使』

 滞在先にいい本屋さんがあるので、また何か買っちゃうんだろうな…。「地域密着型の本屋さん」がたくさんあるのが、東京のよいところだと思います。北海道では超大型書店が増えていますが、あれは「目的の本を検索機で探す」というのが主な動作になってしまい、時間がちょっとだけ余った時「何かいい本がないかなー」と5分くらいふらふらするのには向いてないというのが正直なところ。広すぎて。

 ちなみに滞在先の本屋さんの特徴は、

・新書が多い(通勤の行き帰りに寄るお客さんが多いので)
・文庫本が充実している(漫画の文庫版なんかもかなり隙のないセレクト)
・ノベルス系もばっちり(ただしライトノベルはあんまりない)

 そして何より、

・なぜか毎回、文庫本の平台を使って日本のSFを推している

 でしょう。最近流行りの派手なポップがあるわけでもないのですが、「これは面白いよ」というオーラを出している本が着実に載っているのです。今日泊亜蘭『光の塔』も、飛浩隆『象られた力』も、この本屋さんに行かなかったら一生手に取らなかったのではないかなーと思いますし。ハタチ過ぎてからSFを読むようになったので、これは大変ありがたい。

**
 ではまた。

**
 というわけで、午後の飛行機で北海道から東京へ。

 午後5時過ぎのラッシュ時間に着いてしまったせいか、乗り換えの品川駅で「あまりの混雑と駅の広さにパニックになる地方出身者」という典型的なパターンにハマってしまい、どっと疲れる。ていうかみんな歩くの早いって!

 そこから高田馬場経由で早稲田に行き、たまトザの第3回公演・『LOOPS』を観に。実はこの劇団、数年来交流がある坂本みゆさん(サイト→ Future Toy)が脚本・演出をされているのである。今回の東京行きは、16日を中心にスケジュールを組んだのだけど、その期間内に公演があるとはなんというナイスタイミング! 

 『LOOPS』は、業務用の冷凍倉庫に閉じ込められた男女/倉庫を開けようとする社員達という「内」「外」の2つの視点から進むコメディータッチの物語。最初にいきなり、美内すずえ『ガラスの仮面』のあのシーンを持ってこられたところで思わず笑ってしまう。どの役者さんも面白かったんだけど、「俺の頭の中に消しゴムがあるとしか思えない!」という台詞で観客を笑わせていた、ナンパなエリートサラリーマンの役の人が良かったッス。

 ただ、オチの台詞がちょっとわかりづらかったのが残念。その辺は後日、みゆさんに直接質問して「あー、なるほど!」と膝を打ったのだけど…。今度シナリオで読み直してみたいものです。

 にしても、役者さんって(当たり前なんだけど)発声がキッパリハッキリしていて、動きもカッコ良くてうらやましい。わたしもたまに音楽でライブという名の舞台に立つことがあるわけですが、正直言ってMCは苦手だし演奏時以外は挙動不審者だ。

06-4-13(木) 密度

 やったー、あとは寝るだけだよ!

**
 今日は名刺とか地図とか、東京で要るものを印刷して印刷して印刷して終わった。自室にプリンタが無いもので(必要な時は、階下で家族が使ってるのを引っこ抜いて持ってくる)どうしても印刷物を溜めてしまいがちなのだ。

 にしても、普段は「デジカメで撮った写真をCGの素材に」とか「CDの音源をMP3データに」などというデジタル→デジタルの変換しかしていないので、「パソコンから印刷」というデジタル→アナログの変換は新鮮でよい。

 あと、今のプリンタって、インクジェットでもかなり素晴らしく印刷できるのがよい。紙送りも自動だし……って自分の中のプリンタの歴史は一体どこで止まってるんだという感じだけど、生まれて初めて触ったプリンタは「一枚ずつ」「紙を自分でセットして止める」(当然、最初から紙を送りすぎるとはみでる)というものだったので、もう今の機械はスゴいっすよとしか言いようがない。印刷プレビューがあるだけでえらく助かるし。

**
 にしても、常にこれくらいの密度で生活していれば、もうちょっとましな人間になれるのではなかろうかと思った数日間だった。いかに普段何もしてないかってことですが。

06-4-12(水) 占いは信じていないけど厄日というものは確実にある

 や、やっと荷造りが終わりました…。やっぱりテルミン一式はなかなか大変。今回は久しぶりのソロ演奏で、なおかつ即興をばりばりやる予定なので、普段とは持ってく機材がかなり違ってます。さて。もくろみが上手くゆきますように。ゆかなかったらゆかなかったで、それも即興の一つとしてどんがらがっしゃーんとなるでしょう(たぶん)。

**
 最近髪型が適当すぎた(前髪を家で切ってあと放置)ので、ようやく美容院へ。微妙に体調が悪かったせいもあり、元々美容院が苦手なせいもあり、髪のカラー用薬品の臭いでかなり危険なめまいが…。しかし帰りに旅行用の荷物に詰めるものの買い物に寄らねばならず、まあ買うものは決まってるから、と思って数分の寄り道のつもりでいたら、異常なまでに手際の悪い店員さんに当たってしまい数十分の寄り道に。もう今日、ここから先は大人しく横たわる予定です。疲れたよパトラッシュ。

06-4-11(火) 旅行って準備前が一番憂鬱なのはなぜだろう

 明日には荷物を滞在先に送らないとまずいので、今必死で荷造りに励んでおります。毎度毎度、旅行は嫌いではないんだけど、準備は面倒だ! しかも今回は向こうでテルミン演奏があるのでいつもより荷物がえらいこっちゃに…。

**
 昨日は帽子部の飲み会で、大阪からゲストをお迎えして歓談。相変わらずほたてのバター焼きは美味しゅうございます。

06-4-9(日) ターミネーター2

 土曜の夜はテレビでやっていた『ターミネーター2』を、なんとなく観てしまった。もうテレビで4〜5回は観てるとはずなんだけど、自分は根本的に『ターミネーター』が好きなのだなあと思う。ロバート・パトリック演ずるT-1000(液体金属で変幻自在のアイツ)の動きなんて、何度見てもほれぼれするし。ちなみに『3』はジョン・コナー役の俳優さんがいまいちイメージと違ったり、敵の女ターミネーターは「ターミネーターゆえの恐ろしさ」みたいなもんが100%出てないような気がしてあんまり好きじゃないです。

**
 起床時にMP3プレーヤーで、ミッシェルガンエレファントの『ゲット・アップ・ルーシー』を聴いてみたのだけど、やっぱりマキシシングル盤のゆるいリズムのバージョンのほうが好きだなあ。今度入れ直しておこう。

06-4-8(土) ぼうにんげん

 今、AmazonでCube Worldというオモチャを売ってるのだけど、非常に面白そうだ。キューブの中にデジタル画像の棒人間が入っていて、それぞれロープや棒で勝手に遊んでいる。で、画期的なところは他のキューブとつなげると、棒人間同士が自由に他空間へ出入りするであろう。公式サイトのプロモ映像を見たら、棒人間がドアをぱたん、と開けて隣のキューブへ入っていったりと、なかなか凝った演出がなされている。動きも滑らかだ。

 ……でも、キューブ2個セットで4000円というのはなあ……プロモ映像のようにに10個以上つなげようと思ったら、数万単位の出費になってしまう。おまけに日本版のキューブは色がモノトーンしかないというのはあまりにもあまり、だ。色とりどりなのが楽しいのに。これは当分様子見だな。と、欠点を書くことで購買意欲を減退させようとする自分であった。

**
 ホビー関連といえば、MOTHER3発売記念企画「BOY not meets GIRL」、ぼちぼち更新中。来週は東京に行っちゃうから、その前になるべく更新しておこうと思っております。滞在先でもネットは使えるんだけど、メールチェックする程度であんまり長時間は使わないので。

06-4-7(金) 春だとまだ呼べない季節です

 連日雪ですよ、雪。
 来週、東京に行ったら「あったかいなー」と思うのかなあ。何を上着として選ぶか、迷い中。Gジャンにするべきか、薄手のマント風スプリングコート(通称・又三郎コート)にするべきか。まあ、こっちと違って寒くて死ぬことはないだろうからいいんだけど。

 そういえば今回の東京行きで、まだほとんど滞在時の予定を入れてないことに気づく。メインイベントがメインイベントなので、その準備のほうで他のことを忘れていた。そのメインイベントとは、

■4/16(日)19:00〜 FOT東京サロン@高円寺円盤
 
 です。なんとゲストとして持ち時間を多少いただいたので、何か演奏します。たぶん即興音楽です。かなりびっくりどっきりというか、初めてのことをやる予定。というかソロで即興弾くこと自体初めてだったり。サロンも初参加ですし、初めてづくしっす。

 当日の演奏ゲストには井伊英理さん(→theremin performer eri)もいらっしゃる予定だそうで、濃厚で素晴らしい一夜になる予感が……!! 関東在住の方で、テルミンに興味がある方はお気軽にどうぞ!(詳しくは→フレンズ オブ テルミンをご参照ください)

**
 もしメインイベント以外の予定がうまく埋まらなかったら、久しぶりに適当に東京をうろうろして、美術館でぼーっとしたり何だりしようと思います。どちらにせよ楽しみ。

06-4-6(木) 金曜チャット

明日7日(金)夜11:00〜
http://8-gatsu.ka.to/cgi/chat/index.html

**
 枕を変えたら健康になったはいいものの、食欲ばりばりで体重の増加が……。恐ろしいなあ。「すこやか」組に入るのもあれだし、節制しよう。

06-4-5(水) 急がなきゃ

 日が暮れてしまう。

**
 最近買った漫画の大まかな感想。

三浦建太郎『ベルセルク』(30)
 海の向こうのエルフの国目指して旅立とう、というのがここ数巻の目的のようなのですが、今回も船に乗れてませんよー。次巻も相変わらずバトルのようだし、この刊行ペースでこのストーリー進行具合というのは大変もどかしい限り。これからエルフの国行ったりクシャーンと戦争したり、「鷹」が舞い戻ったり、使徒との決着をつけたりせねばならんのかと思うと気が遠くなる……好きな漫画なんですけどねえ。終わるのか?

芳崎せいむ『金魚屋古書店』(3)
 1〜2巻で出てきた「お客さんたちのその後」が描かれるようになって、これはシリーズとしていい流れなんではないかと思います。セーラームーンの話は懐かしいなぁ。

乃木坂太郎,永井明『医龍 Team Medical Dragon』(11)
 波乱万丈すぎたバチスタ手術は終了。教授選挙へ向けての前哨戦のような巻。予想だにしない新たなる教授候補出現といい、相変わらず超強力な「ヒキ」を見せてくれる漫画です。ちなみに4/13からドラマ化されるそうですね。伊集院役が小池徹平というのはカッコよすぎる気がしないでもない。

富樫義博『ハンター×ハンター』(23)
 別に買う気はなかったのに、最近『ハンター』を読み直ししてたら面白くてつい続きを……!! この巻についての感想は「虫編はいつになったら終わるのだろう」です……。

06-4-2(日) 望みが全て手に入るのなら

 BOY not meets GIRL

 ぼちぼち書いてます。そういえば、1本のソフト(あるいは特定のシリーズ)について徹底的に書いたり、詳細なプレイ日記をつけたりするのは自分も初めてだったりします。

**
 「BOY not meets GIRL」裏話。

 この企画を始めるにあたって、最初は無料blogを借りようかーという案も出ていたんですが、考えてみたら別にコメント欄やトラックバックが必要だというのでもないし、blogの機能は別にいらなかったんですよね。

 ならばWeb日記系のほうが妥当。なるべくシンプルな形式で、更新しやすく、そして何より目次が見やすいもの……と考えてスクリプト探し三千里の旅に出ていて、「P column M-i-O」(→Rocomotion)を見つけた時には準備が8割がた終わった気になったものです。初めて設置するPHPスクリプトでしたが、設置も割と簡単で、問題なく動きましたし。

 正確には日記ではなく「コラム型スクリプト」なんですけどね。カテゴリの追加・削除・並替(←並替機能って案外ない)がWeb上から可能なのと、画像をPCからアップロードして、本文の好きな部分に貼り付けできるのがありがたいです。あまりに気に入ったので、今後もう一個設置して、何かテキスト系の別コーナーを作りたいと思ったくらいです。

 それにしても、10年前と比べると色々便利なスクリプトが増えたなあ……。

06-4-1(土) 新企画スタート

 4月ですね。

 4月といえば、4月20日の『MOTHER3』発売ですね。

 ………

 ………………

 ……………………いや、何が言いたかったのかというと、『MOTHER3』発売を記念して、新企画をやっちゃおうというわけなのです。というかこの日記が反映されている時点で、既にそれが始まっているんですけどね。ぱちぱちぱち。

 この企画はわたし一人ではなく、もう一人協力者というか共同運営者がいるのですが、誰かというと『MOTHER3』というキーワードでわかる方にはわかるのでここでは省略。

 ともあれ。


 BOY not meets GIRL


 スタートです! よろしくお願いします。

[←前月] [過去ログ目次]
[最新版(八月科TOP)]
[次月→]
Akiary v.0.61