←八月科トップページへ


八月科内における「いちごつみ」のルールとか
そもそも「短歌」って何?とかいろいろ
なるべくがんばって解説してみるページ



■八月科内いちごつみチャット 〜開催・参加までの流れ

1.大体月1回開催です。

 管理人が先の予定がなかなか立てづらい生活を送っているため、「毎月第●曜日」のように完全な定期開催は無理ですが、なるべく月イチの方向でがんばります。

2.22:00〜くらいから開始します。最低開始人数は2名以上。

 23:00〜はさすがにキツいのでやめました。終了時刻は毎回特に予定していません。そして2名以上いないと、いちごつみにならないので……。22:30頃まで参加の方がいらっしゃらない場合は、そのまま雑談なり終了なりどちらかに流れます。

3.「見学のみ」「一首だけ参加」の方も歓迎

 歓迎です!(ホントにホント)
 その場合は、「見学です」「一首だけ参加で・・・」等、入室後になるべく素早くお伝えください。
 「短歌自体初めてなんですが」という方は、下の「初めて短歌を作るのですが」FAQにざっと目を通してみてください。初心者歓迎!

4.短歌を投稿する時には、以下の表記でお願いいたします。

 他のログにまぎれないよう、冒頭に「・」でも「●」でもいいので、適当な記号をつけてください。あと、末尾にご自分のお名前と、「摘んだ一語」を表記してくださると次詠まれる方にも優しいです。こういう表記が理想的かと思われます。

 ・今日もまた天使は降りて街角でまっしろすぎるティッシュを配る はづき(ティッシュ)

■初めて短歌を作るのですがどうしたらいいでしょうか、へのFAQ

Q:そもそも短歌って何文字でしたっけ?

A:五・七・五・七・七の計三十一文字が基本です。

Q:季語っていりますか?

A:俳句じゃないので不要です。

Q:旧仮名遣いが苦手なのですがどうしたらいいでしょうか?

A:無理に文語にする必要はありません。わたしは(大体)口語で短歌を作っています。

Q:文字数のかぞえ方がよくわかりません。

A:小さい「ゃ」「ゅ」「ょ」はカウントされません。なので例えば「ちゃ」だとこれで一文字、ですね。
 また、小さい「っ」に、伸ばす「−」はそれぞれ一文字です。
 つまり「ピーナッツチョコレート」という単語は十文字ということになります。

Q:五七五七七の区切りごとに、一文字空けて表記したほうがいいですか?

A:
 ・今日もまた 天使は降りて 街角で まっしろすぎる ティッシュを配る
 ↑こういう表記のことですね。一文字空けは、歌にアクセントをつけるため等目的があるのであれば別ですが、大抵の場合はやらないほうがスマートでよいですよ。

Q:他に短歌について知っておいたほうがいいことはありますか。

A:短歌の数え方は、「一句」ではなく「一首」です。よろしくお願いします。とりあえずそんくらいです。

■八月科の「いちごつみ」ルールについて〜FAQ

Q:そもそも「いちごつみ」って何ですか?

A:実例を挙げてみましょう。

 ・大昔夜店で買った指輪にはそのときだけの魔法があった
 ↓ 
 ・キャラメルとビーズの指輪閉じ込めて砂場に眠るタイムカプセル

 これはどちらも昔の自作短歌ですが、こう並べると「指輪」という単語が共通しています。こういう感じで、前の歌から「一語」取って(摘んで)、次の歌に詠みこんでいく形式です。

Q:「一語」の単位がよくわからないんですけど・・・

A:
 ・助詞は禁止です。

 ・名詞を無理なく「バラす」のはOKです。

 ・動詞は分解せず、活用も変えないでください。

 先ほどの例でいうと、「指輪」をさらにバラして「指」「輪」のどちらかを使うのは可とします。しかし、「買った」「買」だけを摘んだり、「買う」「買って」と活用を変えて使うのは不可とします。

 この辺はローカルルールによるところが大きいと思いますが、八月科いちごつみではコレで。

Q:他に気をつけることはありますか?

A:他にはこういうルールが存在します。

■二語摘み厳禁。
 文字通り、前の人の歌から「二語」取ってしまうことです。先ほどの例だと、「指輪」を次の歌に使うなら、「大昔」「夜店」「買った」「魔法」といった他の単語は使ってはいけません。が、恐ろしいことに、うっかり使っちゃう場合も割とよくあるんですね。投稿前に落ち着いて見直したいところです(自戒を込めて)。

■前の人が「摘んだ」語を、続けて使用してはならない。
 上記の例だと、次の順番の方は「指輪」という語を避けてください、ということです。



←八月科トップページへ