八月科日報 ver.2過去ログ

過去日報ログ

[←先月] [↑最新版↑] [来月→] [過去ログ目次] [八月科トップ]

06-2-2(木) 超々時間術

 効率的に作業を進めるにはどうしたらよいか! と思いまして、付箋紙ソフトを導入することにし、あれこれダウンロードして使い比べていたらそれだけで半日が終わりました。

 そんでもって結論は「パソコンの側面にメモ貼ったほうが早い」なので、もうどうしようもないと思いました。自分が。

 話は変わりますが、ここ数ヶ月ふとしたことから導入して、手放せなくなっているフリーソフトがございます。

 その名は『工数計測タイマー「小助(こすけ)」』!!

 工数計測タイマーという難しげな名称がくっついてますが、要は「あなたの環境で、このアプリケーションは何時間動作しています」と記録を取り続けてくれるというものです。

 元々は「自分が今やっているゲームの累計プレイ時間を計ってみたい」という理由でインストールしたのですが(家庭用ゲームソフトには"セーブデータに○○時間○○分"みたいなプレイ記録が出るものがありますが、PCのゲームってあんまりそういうシステムないんですよね)例えばインターネットブラウザの項目を見て、「あ、今日はネットだらだら見すぎてるな。やめよ」と、自分の行動を律することもできるわけです。というか律せられます(経験者は語る)。ありがとう小助!

**
 2月のライブのお知らせを後で書きます。

06-2-5(日) 2月はライブ2本なのです。

 まず次の土曜日のライブがこちら。

=============================================

■2/11(土・祝)「円山音楽夜会」

 Lotus(ロートス) 札幌市中央区北1条西23丁目1-41 LEYTON HOUSE2F
 開演: 20:00 料金(ライブチャージ):\1000

 「ちのはて」
 桑島 はづき(テルミン他)
 西村 伸雄(トランペット他)

 「のうさいと+matoryoxca」
 のうさいと(ヴォイス他)
 matoryoxca(ヴァイオリン)

 「スティック兄弟」
 かさいあつし
 塚原 義弘

=============================================

 約半年ぶりくらいに怪しい即興音楽デュオ「ちのはて」で出ます。
 対バンの「のうさいと+matoryoxca」に続いて、何気なく「スティック兄弟」………こりゃあかなり濃厚な夜になりそうですぜ!

 会場のLotusは初めて行くところなんですが、かなりいいお店らしい(西村さん証言)ので、それも楽しみです。

 で、その次の週末には。

=============================================

■2/26(日)「ギャラリー市田ライブシアター化計画−第2段階−」

 ギャラリー市田(札幌市中央区北1条西18丁目)
 開演:17:30 料金:\1000(ワンドリンク付)

 古立 太一(ミキサー他)
 桑島 はづき(テルミン他)

 神谷 泰史(サックス他)
 西村 伸雄(トランペット他)

=============================================

 こっちは、昨年置田貴代美さん達とやった「空の叙事詩」(関係する日記は05/10/2805/11/24あたり)に続いて「ギャラリー市田」をお借りしての企画第二弾。こっちも即興音楽で、古立&桑島、西村&神谷のデュオ二組という構成です。

 喫茶店兼ギャラリーという場所柄ゆえ、がんがん大音量で演奏するのは無理ですが、逆に小音量ならではの表現を探るのには絶好の会場なわけで。第2段階があるということは第3段階もあるのかもしれませんが、それは集客次第だと思われるのでレッツカモン!

 午後5時半という、この手のライブではあまりない開始時間なので、ご自宅が少々遠方でも安心して来られるというメリットも! たぶん一番遠そうのは自分ですが……。

 以上ライブ2本、どうぞよろしくお願いします。

06-2-6(月) 春になればいいのに

 3月の宝示戸さん&巻上公一さんライブと、MA-DA-RAライブが今から楽しみでございます。そんでもってライブハウスのことを考えていたらウィルキンソンのジンジャエールが飲みたくなりましたよ。自家製ジンジャーの素はあるので炭酸があればいつでも飲めるのだけど、ウィルキンソンはやはり、あの独特の緑色の瓶がいいですね。中身少ないけど。

**
 そういえばこないだ、「はづきちゃん最近短歌作ってないの?」という質問を受けましたが、チャットで「いちごつみ」などした以外でも、ぼちぼちは(ホントにぼちぼちですが)作ってます。今はなんでなのかわかりませんが連作作ってます。

 元々「短歌系サイト」を名乗って八月科を立ち上げたのですが、その頃はネット歌会に参加していたり、他の方のサイトへ投稿してたので、いわば「まとめサイト」的なスタンスでやってたんですよね。

 しかし今はどこにも投稿してないし、どういうタイミングでサイト上に載せればいいのかが自分でよくわからなくなってしまったというわけなのです。短歌を発表する場として、いっそのことブログやってたほうが楽だったかもしれないなあ(なんて結論だ!)。

 という本当にいまさらすぎる発言はさておき、ただ「tanka」フォルダの中に自分の短歌を延々としまいこんでおくのは考えてみるとかなり虚しいので、この辺をどうにかするのも今年の目標です。たぶん。

06-2-7(火) さかゆめ

 昨日今日、やたらとよい夢を見たのですが逆夢ではありませんように。

 そういえば「夢日記をつけるのは脳によくない」という伝説は本当なんですかね。枕元にメモ帳を置いて、夢を見てはっと目が覚めたらすばやくメモ! という方式だと、とりあえず睡眠不足にはなれそうですが。

**
 今知ったんですけれども、今年は題詠マラソンならぬ、題詠100首blogなんですねー。

 ……って昨日の自分の日記はこのことを予見していたとしか思えませんね……(昨日の時点ではホントに知らなかったんすよ)。シンクロニシティ。これで短歌系のブログがぐっと増えそうですねえ。

06-2-8(水) 時代は梅酒だ!

 自分が思ってるだけですが。
 
 梅酒のどこがいいかって、水割り良し炭酸割り良し、ストレートでロックグラスに氷と一緒に入れてにせブランデー気分を楽しんでもよし、あとあんまり飲みすぎない程度でおさめられるとこ。

 ちなみにうちには自家製の「梅ブランデー酒」なる恐ろしい品がありますが、恐ろしすぎて飲めない。甘くて口当たりはいいんですけどブランデーなわけで、前に従兄弟が遊びに来たときにみんなで飲んだら天井回ったよ。

**
 今日はNHKハイビジョンで巨大イカについての番組を観る。小笠原の風景がとても美しく「あー行ってみたいなー」と思うが、行ったら行ったで「あづい」「湿度高すぎ」「帰る」とか言う運命にあるのがたぶんこの人です。

 番組中では、21:00ちょっと前にダイオウイカ(俗にいう巨大イカ)の”長さ6mの足”が仕掛けにかかっていて、研究者の皆さん大喜び。中盤でこれなら、ラストは本物が拝めるのね! と思ったら、結局足が一番の山場だった。まあそんなテレビの常識通りに大自然は進まないのですな。

06-2-10(金) 【金曜チャットですよ】

 今日10日(金)夜11:00〜
 http://8-gatsu.ka.to/cgi/chat/index.html

**
 桜玉吉『御暖漫玉日記』2巻はとても面白かったのですが、それにしても5〜6年ほど前に漫玉シリーズを勧めてくれたMさんは今頃どうしてるんだろうな。

 別にネット上のみの人間関係を否定するわけではありませんが、ネット上でしか知らない人って、例えばメールアドレスが変更されたりサイトが消滅しただけでぶっつり連絡不能になったりするわけで、その辺が儚いなあと思ったりするのです。ま、ご本人が元気でおられるのならこちらも安心なのですが…。

**
 ネット初めてもうすぐ丸10年です。

 …丸10年ですよ。ああまさか、にじゅうごさいの自分がこういう生活してるとは夢にも思いませんでした(いい意味でも悪い意味でも)。でも10年前よりはましなほうにベクトルが向かってる気がします。その直感が正しいことを願うばかりです。

 ちなみに10年前は28.8kbpsモデムにHDDは1.2GB、メモリは32MBの環境が、今は光ファイバーにHDDは150GB、メモリに至っては1GBです。これも夢にも思わなかったな。

06-2-12(日) 『円山音楽夜会』

 無事終了しました。特筆すべきことがあるとしたら、Etherwaveのピッチアンテナねじが暖房の熱で膨張しちゃってはずせなくなったことです。あせった。結局T原さん(スティック兄弟・兄担当)が怪力ではずしてくださったので助かりましたが、やはり工具は持ち歩くべきですね。

 あとお客様の中に「(八月科の)掲示板見たことありますよ。ところで最近面白かったゲームって何ですか?」という大変ディープな話題で話しかけてくださる方あり。どうもありがとうございます。もしWin使いの方でしたら、昨年末に2005年度面白かったフリーゲームなどを挙げてるので、ご参照ください。

 「ちのはて」演奏自体はそれなりに手ごたえがあったのですが、ステージに上がってる時と後で録音を聴いた時では印象がそれぞれ違って面白いので、今日は録音(MP3プレーヤーで録った)を聴き返す日にする予定。

 あとはトリノ五輪の男子スノボ観て、それからAmazonに頼んでた諸星大二郎『妖怪ハンター』文庫版(地・天・水)が届いてたのでそれを読もうかと。わくわくしますね!

06-2-13(月) 世界の淵に手をかけてみる

 諸星大二郎『妖怪ハンター』文庫版全3巻を一気読みした反動か、かつてない左肩の凝りと首痛と頭痛に襲われております。いや、すごい面白かったんすけどね。やはり一気読みは濃すぎたか…。

 ところで『妖怪ハンター』シリーズの代表的な作品でもある『生命の木』が、昨年映画化されてたんですね。文庫版に入ってた広告見て初めて知りました。(→『奇談』公式サイト) しまった、劇場で観たかったなあ…。

**
 今日は早寝。

06-2-15(水) 右むけ右

 首が右に回りづらいです。それでも枕変えたらだいぶよくなったんですけど。

**
 春になったら東京に出向きたいなあ、と思いつつ日程を考えながらネット巡りをしてたら、aMi Labelのイベント「Vive les aMis. vol. 2」が3/21にあるのに気づく。これはなかなか観に行きたいので、日程重ならないようにしなきゃなあ、とメモ。

 時々本州方面の方から「北海道は寒いでしょ?」って言われるけど、本州のほうが部屋の中は寒いです。でも廊下は北海道のほうが明らかに冷えています。缶飲料置いとくとそれなりに冷えるくらいには。

**
 ところで大人の科学マガジンの『丸ごと手作りスピーカーの本』って結構面白そうだと今思いました。これでテルミンの音を出力したらどうなるのかなあ。

06-2-16(木) 【明日の金曜チャットはお休みします】

 ↑おしらせ。

**

 23時間起きて6時間寝て12時間起きて11時間寝て22時間起きる生活というのは人としてどうなのでしょうか! まあこれも「夜型を昼型に直そうキャンペーン」の結果なんですが。経験から言うと、早め早めに起床していくより、無理矢理起きて「後に」ずらして昼型に直すほうが楽です。ただし実施中はうかつにアルコール類飲んじゃだめですよ(不意に眠くなって寝ちゃうと元の木阿弥)。あと、食事は通常の時間に合わせて取ったほうがよいです。

**
 そういえば学生時代、アメリカ研修旅行に行った際、揺れる飛行機の中で一睡もできなくて、あー困った困ったーと思ってようやく眠くなった頃に到着し、到着したら向こうは当然ながら「早朝」で、結局連続30時間くらい起きてたような覚えがあります。あの時はまいった。

 一番まいったのは眠気よりも、朝ごはんに山盛りのフライドポテトが出たことでしたが。後半に泊まったロスの日系のホテルで、「天ぷらとステーキ」という夕食が出たのにもびっくりしたりしたものです。5泊6日ほどの旅を終えた時、結局自分は2キロほど太りましたよ。あのままアメリカに滞在してたら目が覚めるような丸い体型の人になっていたに違いない(事実、向こうにはびっくりするほど丸い人が多かった。前後左右から見ても丸…!!)。

**
 それじゃおやすみなさい。

06-2-17(金) 【今日のチャットはお休みします】

 ↑お知らせ再掲。

 来週はたぶんやりますよ。

**
 今日は半年振りに大通(札幌の中心街)でショッピング。ピヴォの粋屋でレディースの服が破格的な価格になってたのでまとめ買い。

 上にサテン生地がついた黒いスカートに、ポケットのところにレースの縁取りがあるオリーブグリーンの短めジャケットに、ビーズっぽいボタンと花の刺繍がついているカーディガン。あと帽子。というか「帽子のついでに服を購入した」がこの人の場合正しい図式です。

 それから4プラの自由市場(雑貨屋さんがごった煮状態になってる大通名物の箇所)で、帽子が欲しくて入ったお店でなかなかいい革靴を見つけてしまう。値段も信じられないくらいにお手ごろだ。結局「1日に2個帽子を買うのもね」という理由で、靴だけ買う。

 わたしは気に入った靴をとにかく履きつぶすほうで、今愛用しているブーツは10年選手である。今日買った靴も10年履くのかもしれない。10年後の自分、というのはあまり想像できないけれど、10年後のこの靴はなんとなく想像できるから不思議である。

06-2-18(土) のーねーむ

 アンディー・メンテのWin用フリーゲーム『ノーネームワールド』、やっぱ面白いです。と公開から一ヶ月以上近く経ってからしみじみ思った。

 ひたすらクリックして「冒険」し、ネットワークの深奥を目指すこのゲーム。最大の特徴は「セーブシステムがない」ことだが、それによって生まれる緊張感たるやハンパなものではない。

 空腹でぶっ倒れそうな時、道端にパンが落っこちていた! 拾って食べるべきか!?

 とか、

 底なし沼だ! 迂回するべきか突き進むべきか!?

 とか、

 ぴんくの下着を見つけた! どうするべきか!?

 とか(ちなみに上記のイベントは全て実在する)常に「究極の二択」をやらされているような感じなのである。もちろんプレイするうちに「この場合はこっちの選択のほうがいい結果になりやすい」というのもじわじわ分かってきたりするのだけど、どんなにやり込もうとも開始後第一歩目で死ぬ可能性があるのが恐ろしいというか結局乱数次第というか。だがそれに踊らされるのがまた楽しい!

 ちなみに自分の記録はこんな感じで。見たい方は矢印間をドラッグして反転させてください。

 ↓ 称号などのネタバレあります・注意! ↓

  ★グージーグージー勇者のほこら4 ver1.1
  ステッパーズ・ノンストップ
  GAMEOVER回数: 151回
  最深到達レベル: 9 チュートリア 104AU地点
  <2番目に強いボスを倒しました><大冒険に旅立った3人>

 ↑ 以上(まだまだだなぁ) ↑

**
 今日は久しぶりに映像系イベントに行ってきます。どんな作品があるのかなあ。

06-2-20(月) おかげさまで朝型に戻れました。

 (ものすごい力技でしたが)よかったよかった。

**
 土曜は、札幌国際大学メディアコミュニケーション学科の卒業制作を観に菊水のテレコムセンターへ。そう、実は今大学生だったのです自分は。などということはもちろんあるわけがなく、先週のライブで塚原さんとご一緒した時に「早川さんと僕が教えているゼミの卒業制作発表会があるから良かったら来てねー」というやりとりがあったから、が事実なんすけど。

 そういえば自分も5年前に、当時在籍していた専門学校で卒業製作発表会やりましたよ。でも会場は学校内の視聴覚室。こっちは凄まじく立派なホール……正直言ってうらやましかったです。

 作品を観て、塚原さん率いるグローバルワークスの演奏を堪能した後、北大近くのお店で夕食を食べて帰宅。どうもありがとうございました。

**
 日曜は来週のギャラリー市田用リハーサルin自宅。数名集まってがちゃがちゃ即興をやるのはやっぱり面白い。当日が楽しみ楽しみ。かなりスリリングなイベントになりそうですよ。

 ところでリハ中の雑談タイムで、神谷さんと通っていた高校が同じだったということが判明してかなりびびる。学年はこっちのほうが一個下だし、もちろん当時面識があったわけでもないのだが、約10年前に廊下ですれ違ってたりしたのかもと考えるとなんとも変な感じだ。

 しかし札幌って狭いもんですね。

06-2-22(水) それはもう泥のように

 眠って起きたら、フィギュアスケート女子の生中継をやっていたのでなんとなく観る。テレビを買い換えてよかったなーと思ったのはNHKのデータ放送にも対応していることで、オリンピックの中継中は「データ」のボタンを押すと「選手スタート順」だの「今までの成績」だのが見れるのである。これば便利だ。

 つっても「選手スタート順」だの「今までの成績」だのを見たくなるのってオリンピックくらいしかないわけで、2年に1回程度しかこの便利さを満喫できないということでもあるのだが。あ、でも、いつでも天気予報が見れるのは真面目に便利。

**
 こないだ買った靴を未だに磨いてないので今から磨きます。

06-2-24(金) 【金曜チャットやります】

 今日24日(金)夜11:00〜
 http://8-gatsu.ka.to/cgi/chat/index.html

**
 4月に『MOTHER3』が発売されるのに合わせて企画をやりましょう、というので、伊藤隆浩さんと電話で打ち合わせをする。

 と書くと至極当たり前のことのようなのだが、実は伊藤さんとは4〜5年くらいのネット知り合いなのに実際にお会いしたことはないし、おまけに音声通話もしたことがない。初電話。当たり前だけど想像していた伊藤さんヴォイスと現実の伊藤さんヴォイスは違うわけで、なかなか興味深いものがあった。えーともう、想像していたほうの伊藤さんヴォイスが思い出せない。

 企画自体は3月半ばからスタートしてもいい勢いなので、進展がありましたらお伝えいたします。

 ところで伊藤さんに自分の印象を尋ねたら「もっと何か怒られるかと思っていた」とのことで、結構的を得ていて笑った。

**
 昨日はその後、岩波ラスミチさんが来札されるので、帽子部で集合してゼロ次会と1次会(暗号のような記述になってしまいましたが、事実そのままをお伝えしています)。

 ラスミチさんsaid「ちょっと本屋に行きたいんですよね、短歌の本見たくて」ということで、皆で旭屋書店に寄って各自の買い物をしたりする。わたしは水木しげる『神秘家列伝』其ノ壱〜四を購入し、一人でほくそ笑んでいた次第。

 1次会(本会)は泉さやかさんお勧めのバーで飲んだり食べたりで盛り上がる。あと泉さんと共通の知り合い(札幌って狭いね!)が見つかって盛り上がったり、ラスミチさんの「まんが道」発言に脊髄反射で返事をしてしまって盛り上がったり、真幸さんが頼んだノンアルコールカクテルのざくろジュース部分の紅色が綺麗で盛り上がったり、伊勢谷さんから頂いた3号は焼き芋だーという点で盛り上がったり、大変楽しい夜を過ごす。

 カクテル2杯とビール1杯を摂取して帰宅。約5時間後に起き出し、女子フィギュアスケート・フリーを見てまた寝て起きる。

**
 全然関係ないのだけれど、そろそろ自分の携帯電話のバッテリーが寿命なので機種変更を検討中。ボタンも変にカコカコいうことがあるし、ある日突然バラバラに壊れても驚かない。

06-2-25(土) 「君は横を見て虚しく視野を探るばかり」

 さて、明日ライブですよ。

 どきどきしますね。

**
 写真を撮るのは嫌いではないのに、撮られるのはあまり好きではないので、ここ数年の自分の写真がほとんどないことに気づいた。別になくても支障はないのだけれど、ライブ写真が1枚や2枚あってもばちはあたるまい。よし、明日はデジカメを持ってライブ会場へ行こう。

 といった思考過程を経て、デジカメをちゃんと持ってってるにも関わらず未だにライブ写真など1枚もないのであった。自分の演奏中に「あ、そういえば写真誰かに頼むの忘れてた!」とふと気づく……というパターンなんである。自分が小金持ちだったら、デジタルビデオカメラでがーっと撮りっぱなしとかできるんだけどなー。

**
 早寝。

06-2-27(月) 「君は横を見て微笑するばかりであろうか」

 ギャラリー市田でのライブ終了。大嵐という当日の天候を考えると、来て頂いた方々には心の底から御礼を申し上げたい次第です。

 結局、神谷&西村、古立&桑島のデュオ二組と、全員揃ってカルテットでの演奏という2部構成でやったのだけれど、比較するとカルテットのほうが上手くできたかなーという印象。カルテットは40分ほどぶっ通しで演奏していたので、「いつ終わればいいのか」不安になってだれちゃった部分が自分の中で二度ほどあったということをここに正直に書いておきます。

 ある程度集中して演奏していると、周囲全ての情報が日常生活ではあり得ない速度で自分の中に入力されているのがわかる瞬間があって、それを30分持続できたらえらいことになるんだろうなと思うのですがいかんせん未熟者なので(ちゃんと計ったことはないのですが)まだ2〜3分くらいが限界です。そのゾーンを自覚しつつ、それを演奏のどの辺に持っていくか、もしくはどういう方法ならば限界を突破できるのかの把握、が今後の課題かもしれない。

 何にせよ、練習せいってことで。

 えーとあと、確かに「小音量での表現」ではなかったな……中音量くらいにはなっていた。すいません。

**
 松木秀さんがblogに移行された(→5メートルほどの果てしなさBlog)ので、結構びっくりする。望遠鏡で見なければいけないほどに遠かったblog化の波が、ついそこまで、みたいな。ざざーん。

 でも、blog化の波はある種の必然なのだと思う。例えば2006年にネットを始めたばかりの人がWeb上に自分のスペースを欲しくなった場合、いちからWebサイトを作って、いちいち日記をHTMLで書いて、ということをやるとは思えないし。自分だってもうHTML日記はめんどいのでCGIに切り替えたし。

 そんでもって、今度伊藤隆浩さんとやりましょう!と言っていた企画も、実はblogを使おうかと思っていたくらいなのである。でも結局、ある種のPHPスクリプト(blogではないっす)でいいのがあったので、たぶんそっちになる模様。ということは、そのスクリプトと巡りあえなかったらblogを始めていたわけで、どきどきしますね。

**
 どきどきするといえば、映画版デスノートも、色々な意味でどきどきっすよ。何しろ6月に前編、10月に後編という史上初連続公開っすよ。この無意味な圧迫感はなんなんだろう。どちらにせよ奈落、ということだけはなんとなく直感が命じている。

06-2-28(火) ウルトラマリン第三

 一昨日と昨日の日報のタイトルは、逸見猶吉の「死ト現象(ウルトラマリン第三)」の一部を引用したものなのだけど(原文はカナ表記ですが)個人的に大きくひっかかっていた件があった。

 自分がこの詩と出会ったのは10代後半の頃、祖父の形見の筑摩書房『現代詩集』のなかでだったのだが、一読して、がつんと頭を殴られたくらいに好きになった。特に終わりに差し掛かる部分の「君ハ横ヲ見テ虚シク視野ヲ探ルバカリ」というある種残酷な一節が好きで好きでしょうがなかった。

 それから数年後。ネットの青空文庫で逸見猶吉と再会できたのは非常に喜ばしい出来事だったのだけれど、読んでびっくり。あの締めくくりのところが「君ハ横ヲ見テ微笑スルバカリデアラウカ」になっているではありませんか。これだと全然読後感が違ってきちゃうわけで。

 で、その後「そんなのウルトラマリン第三じゃないやい!」とか思って更に数年を過ごしていたのだが、今では「虚シク」より「微笑」のほうがいいのかもしれないと思うようになった。この詩、全体的に多少気恥ずかしい部分があるのは否めないので(硝子ノ翼・硝子ノ血〜というくだりとか……ここだけ見るとビジュアル系バンドの歌詞と間違われてもしょうがない気はする)「虚シク」で徹頭徹尾ペシミスティックに攻めてしまうより、「微笑」で少しほっとさせてからまた突き放す、というほうが詩としてより効果的だなあ、と。

 以上、数年来の個人的な脳内論議に決着がついたので書いてみました。ちなみにこの詩は逸見猶吉が北海道旅行をした時に書いたものだそうな。昨日のような寒い朝になると「北地ノバリバリシタ気圏ノナカ」という一節を思い出す。バリバリ。

**
 おいしい厚揚げをぱりっと焼いてお醤油をちょっとたらしたやつに、日本酒の組み合わせっていいですね。しかしお酒昔ほど飲めなくなったっす。晩酌しなくても生きていけるし。いやそれが普通だ。

[←先月] [↑最新版↑] [来月→] [過去ログ目次] [八月科トップ]

haz@mail.ne.jp
Akiary v.0.61