八月科日報 ver.2過去ログ

過去日報ログ

[←先月] [↑最新版↑] [来月→] [過去ログ目次] [八月科トップ]

05-5-20(金) ニューバージョン

 ようやくサイトリニューアルが終了した。
 実質的な本作業は3日間くらいだったのだけど、トップページのデザインと配色を決めるのにその3倍くらいかかってしまった。改めて思うが、自分には配色センスがかなり、いやものすごく無い…。現バージョンも変な忍者屋敷みたいだし。

 BBSは迷惑な広告書き込みが多かったので、応急処置としてアドレス移転。ホントはMETAタグでロボットを制御するつもりだったのだが、CGIのヘッダー部分に組み込んだらBBSが作動しなくなっちゃったので慌てて中止。

 そして今回の目玉は! そう! この日報新バージョンである!!

 これからはWebからの書き込みで一発更新。アンカーも自動挿入(日付の左側の■部分のリンクが、その日への直リンクになってます)。過去ログも自動生成。ありがとうAkiary!(プログラム名)

 というわけで、ニュー八月科もよろしくお願いします。

あ、これだけやっといてバナーまだ作ってないや。

【追記】
今回のトップページ画像(手のやつ)は、地味にものすごく凝りました。
手そのものは「Poser」に入ってるモデルなので楽だったんですが、合成が面倒でした。
CGにちょっとでも詳しい人は、ワイヤーフレーム表示なのになんで全パーツが透けていないか考えよう。そういうことです。

05-5-21(土) イベントの法則

 「イベント予定は、1件入るとねずみ算式に増える」が持論なのですが。

 今日明日、土日。

 まず、即興ワークショップの第5回があって。と思っていたら、前々から泊りがけで家族で出かける予定が入っていたのを思い出し(ここまではなんとか時間をずらしてカバー可能)と思っていたら、観に行きたいライブが2つ入り、更に「お時間ありますか?」とメールが入り。さすがに物理的に不可能なので、ライブとメールの件はお断りせざるを得ず(申し訳ありません)。

 普段の自分を知ってる人がここ読んでたら、たぶん爆笑すると思います。それほどまでに日常の密度と差があるぞ!!

 まあ、密度を選べないのも人生…去年も今頃の時期えらいこっちゃでした(ファクトリーに出る→東川町写真フェスに出る→RSRに出るのイベント三昧)。なんだかここ3年くらい、5月中旬くらいから急に忙しくなるパターンが多いです。今年の行方ははてさて。

05-5-21(土) そういうわけで今日明日

 自宅から離れるので、一言だけ更新。

・映画版『魁!クロマティ高校』公式サイト
http://www.kurokou.com/index.html

 ……(閲覧中)

 ……………(キャスト一覧を見ている)

 「絵から抜け出たような」という言葉を心の底から実感したのは久しぶりです。
 
 ていうかあの神山は反則っしょ!(そっくりすぎ)

 最近、どうも『クロ高』に対して情熱の持てなかった(単行本4巻くらいまでは持ってた)自分ですが、この映画はちょっと楽しみかもしれません。でも一人でこれを観るというのもあれだなあ。友人に電話してみるか…。

05-5-22(日) おんせん。

 温泉に一泊してきました。
 あーやっぱり温泉はいいなあ、と思えるようになったのは割と最近です。

 D3パブリッシャーの『THE 地球防衛軍2』(PS2)情報更新あり。
 新たに明らかになった事実は以下のとおり。

 ・発売日は7/28
 ・ステージは70以上(!)
 ・夜のステージあり(綺麗)
 ・地底ステージあり(SFだ!)
 ・「空飛ぶ女性隊員」の武器はビーム系兵器(SFだ!)
 ・女性隊員の飛行装置に、エネルギー残量メーターがあることを確認
  (飛び続けるとエネルギーが減るらしい。飛行は戦術的に、ということかなあ)

 ますます発売日が楽しみです。でもホントにこれ2000円ちょいの価格なんですか。
 個人的にはとても嬉しいのですが、申し訳ないような気分でもあります。
 これだけ申し訳ない気分になったのは、スーパーマリオの1・2・3とUSAがセットになった、スーパーファミコン『マリオコレクション』を購入した時以来です。

 ところで、更新された動画の中のジャンプしながら襲ってくる巨大蜘蛛は恐ろしいですね。虫嫌いの人にこのゲームをプレイさせるというのは拷問になりそうな。

05-5-23(月) ブ ル ー ブ ル ー

 明後日、親知らず抜くことになりました。 ○<−< ←倒れる人

 ……「歯を抜かれるのが好き★」という趣味はないので(ある人のほうが少ないでしょうが)久々にブルーです。でも確かに、最近「右の親知らずが横の歯に当たるなー」と思っていたので、もう逃げるわけにはいきません。いや逃げてもいいんですが間違いなく後でもっと巨額の治療費がかかりそうだし。

 ちなみに、わたしは昔歯の矯正をやっていて、その時4本歯を抜いてるので、「永久歯を抜く大変さ」は既に身にしみており。しかもあの時は前のほうの歯だったけど、今度は最奥だし。かなり憂鬱であります。水曜以降、いつにもましてぼそぼそした喋り方になると思うので、お電話くださる方は覚悟してください。ではでは。

05-5-24(火) 5日目。

 サイトリニューアルから約5日経過だが、一番気になっていた「掲示板へのスパム書き込み」は、掲示板のアドレス変更後一件もなし。
 自前で掲示板を構築している方は、FTPソフトでディレクトリ名変えるだけで済むので楽だし、この方法はオススメしたいところであります。所詮何をやってもいたちごっこだとわかってはいるのだけれど、少ない手間でしばらく楽ができるなら、手間のほうを選びたい。

 ところで、マトリョーシカ型テルミン『マトリョミン』の最新バージョン『QT』が先行予約中になってますね。わたしも持っている従来のME02型は生産終了とのこと。

 ・Mandarin Electron (新製品は、メニューのMatryomin →Matryomin QT)
 http://mandarinelectron.com/index.html

 やはり前機より価格が多少上がっていますが、イヤホン出力ができるというのは魅力的。でも、マトリョミン抱えてイヤホンつけて演奏というのは、何も知らない人が見たら「???」な光景ですね。怪しさ120%アップかも。

05-5-24(火) 【ゲーム・AM】RS(アールエス)

 半年越しで『RS』クリアーーー!!!


 …つっても、このネタで「すごいね!」と言ってくれそうな方は身辺に1人しかいないわけですが(Sさん、クリアしましたぜ!)まあついでなので色々書きます。

 RSは、アンディー・メンテ(AM)というサークルが配布しているWin用フリーゲーム。
 おおまかなジャンルは「キャラクター育成型RPG」だと思われます。

 ストーリー自体は…えーと大変説明するのが難しいというか、初めてアンディー・メンテ製のゲームをやる方には何が何やら状態なことだけは間違いない…という…。設定などが膨大な既発表作品と全てリンクしているためなんですけど。基本は「えすえふ」だと思いますが。
 
 ゲームの流れはこんな感じ。

 ・ダンジョンに潜り「進む」か「戻る」を選ぶ(注・ダンジョン内に背景はありません)
 ・「進む」を選ぶと距離値が増え、一定距離に達するとボスが出現する
 ・ボスを倒す

 以下繰り返し。潜って敵を倒し、時には釣り(というシステムもある!)で魚だか何だかわからないものを釣ったり、木を斬ったり、地面を掘ったりしてアイテムを収集。そんなに集めてどうするのかというと、自分達に役立つアイテムを製造したり、育成する星「ルインド・アース」に施設を建てるための材料にするとゆーわけなのです。話を進めていくと「パン屋」「薬屋」などで製造したアイテムを並べて通常より高めで売りつけることができ(経営!)これがまたハマるハマる。

 クリア時の自分の記録(ホントに大したことないんですが記念に)と、
 最終話(?)直前ボス撃破法。

 ↓              ↓                  ↓

 (長いので、RSに興味がある方以外は飛ばしてくださいませ。)

 ↓              ↓                  ↓

●クリア時(最終話時)のデータ

 【ルイン】 Lv:99 JOB:≪アーチャー≫ #物理キャラ(普段は『盗む』などの補助技も)
 JobLv:17 Hp:188 Mp:6 Tp:8 Ap:0 攻:44 防:16 知:2 精:6神:14 暗:1 練:0 過:0 器:1 速:18
 頭:髪の毛 盾:逆鱗の盾 武:鬼斬り マント:ルナローブ ベルト:ゲルマンベルト
 手:反禁の腕輪 指:精霊の指輪 靴:怪盗シューズ
 精霊:[蒼き炎宇宙]△507 (物理攻撃+320) JobMaster:18種 殺人:6941回 死亡:101回
 ≪ルックス:24 Lv3いい感じ≫
 技[時雨][さよなら、みんな][練気][五月雨][−二刀流−][−かばう−]


 【ジスロフ】 Lv:82 JOB:≪黄金騎士≫ #物理キャラその2
 JobLv:5 Hp:155 Mp:6 Tp:7 Ap:0 攻:72 防:6 知:1 精:2神:1 暗:31 練:2 過:141 器:1 速:11
 頭:エーリの首飾り 盾:逆鱗の盾 武:ビンタ マント:ルナローブ ベルト:ゲルマンベルト
 手:反禁の腕輪 指:猫の喫茶 靴:パルテナの靴
 精霊:[優しい視線]△61026 (毎ターン HP+5) JobMaster:2種 殺人:1688回 死亡:27回
 ≪ルックス:52 Lv6容姿端麗≫
 技[二刀][アイテム][練気][−ナナ命−][羅文彗星][死神の亡霊] 

 【luka】 Lv:99 JOB:≪剣士≫ #機工攻撃&「盗む」&[SORRY,C・STEF]要員
 JobLv:14 Hp:173 Mp:0 Tp:10 Ap:0 攻:2 防:10 知:8 精:2神:5 暗:0 練:0 過:7 器:79 速:10
 精霊:[翼U]△0 (『進む』稀に+2) JobMaster:11種 殺人:4388回 死亡:73回
 ≪ルックス:49 Lv5美形≫
 技[弐丁拳銃][盗む][練気][−スコープ−][アイテム][SORRY,C・STEF] 

 【ナナ】 Lv:99 JOB:≪訓練生二年生≫ #神格。回復担当キャラ
 JobLv:20 Hp:172 Mp:42 Tp:1 Ap:0 攻:0 防:13 知:9 精:9神:95 暗:2 練:0 過:2 器:1 速:6
 精霊:[心金眼]△223 (毎ターン HP,MP+10,TP-4) JobMaster:9種 殺人:2722回 死亡:81回
 ≪ルックス:24 Lv3いい感じ≫
 技[天籟][良き占い][アイテム][解毒][−回復支援−][ユグドラシル][逃げる] 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 【レストラン】経営Lv:19 【お花屋】経営Lv:9 【医学研究所】経営Lv:14 【武器屋】経営Lv:8
 【画廊】経営Lv:9 【ジャンク屋】経営Lv:4 【洋服屋】経営Lv:2 【宝石屋】経営Lv:1

 物語:最終話『●●●●●●●』 (←未プレイの方のために一応伏字)
 全アイテム既取得率: 76% (現所持率: 68%) 全生産総合達成率: 65%
 料:22 鍛:28 木:27 宝:16 裁:19 薬:25 機:15 物:26 芸:27 歴:27 天:5 栽:20
 プレイ回数:640回 戦闘:12326回 全滅:43回 逃亡:2303回 所持金: 66625円
 Ark: 2107 MaxCombo:224Combo Hi-Score:475pt.
 RSマニア度 : 46404 ℃ (ダンジョン:7350,生産:8179,キャラ成長:11579,アイテム:9739,装備:9557)


●最終話直前ボス必殺法・安全編

 ↓              ↓               ↓

  (背景色と同色で書きます。ドラッグしてご覧ください)
     (ポリシー・とにかく安全。即死防止)

 ↓              ↓               ↓

 【必要な技】
 [錬気] [羅文彗星] [さよなら、みんな] [ユグドラシル] [バグ] or[SORRY,C・STEF] [-かばう-]

 【下準備】
 雑魚戦で、[さよなら、みんな]を使い、3人を<約>状態にしておく。
 物理系キャラには錬気を重ねかけし、錬気Wにしたら一旦外に出る。
 更に、物理系キャラのどちらかに燃える脳を幾つか集中投与し、精霊値を30万近くに上げておく。

 #わたしはたまたま敵から3000以上の精霊値を奪い取ってたばかりのジスロフに投与しちゃいましたが…ホントは普段、この役目はルインです。一応ルインが主人公だし。

 悲しみ・空腹などは極力回復。
 技[-飛行移動-]などいらないものは全て外し、決戦技にチェンジ。
 最後に、カプセル【99】で忘れずEPを補充!!(しないと死にます)

 【ダンジョン内】
 侍プリッツで100AU進む。おしまい。(…卑怯ですんません)

 【ボス1・美奈枢様ご一行】
 まず、精霊値の高い物理キャラ攻撃で、一番下のノームを撃破。
 奴はほっとくと精神0・神格0にする攻撃を仕掛けてくるので、二番目くらいに厄介な敵です。
 (一番やなのは、落武者の[成仏]。<約>かけてないとまず全員即死です)
 アイテムが使えるキャラは、*メデューサ、或いは[バグ]などで状態異常狙いを積極的に。
 もちろん回復も忘れずに。
 美奈枢戦ではカプセル【99】が使えないので、ユグドラシル連発などはやめましょう。
 
 【ボス2・子鬼】
 さっきの戦いで<約>が解けてたら、[さよなら、みんな]で素早くフォロー。
 [SORRY,C・STEF] がやけによく効いた気がします。3〜4ターンは眠ってました。
 あとは精霊値高いキャラにぶん殴らせれば終わりです。
 ジスロフだと、[羅文彗星] が使えるので更にお得。
 1ターン目が子鬼側からで、なおかつ4連続攻撃など喰らわなければ、まず大丈夫でしょう。


 1.ものすごい保身に走った戦法だなあorz
 2.神格キャラ2人体制に替えたほうがより安全度は高くなるでしょう。


 ともあれ。
 
 こんな素晴らしい作品を製作されたアンディー・メンテ様に心よりの感謝を!!

 これからもRS遊びます! うっす! まだ隠しダンジョン全然終わってないし(とほほ)。

05-5-25(水) 透きとおってもいない歯を。

 親知らず(上右奥)抜歯終了。
 一週間後に抜糸して、その時もう一本の上親知らずも抜く予定。

 麻酔して、先生がテコのよーなもので「めきっ」とやったら舌の上に何か落ちた感触があって、「歯のかけらかなー」と思ったら、「はい、これでおしまい」(←素早く縫いながら)。
 なんだすごく楽ではないですか。

 今のところ痛みもあんまりないし、経過は良好良好。などと思えるのも、2年くらい前に歯肉炎のきっついのにあたって一晩中七転八倒した(ものすごく強い痛み止めもまったく効かず)という経験があるからなのですが。

 思うに、人間の脳には「痛みの記憶」というのがどこかにしまわれていて、その中のMAX値以下の痛みなら結構耐えられるようになってるんじゃないでしょうか。

 【個人的痛みランキング】

 第一位: 階段で滑ってむきだしの向うずねを強打した時
 第二位: 歯肉炎が悪化した時
 第三位: 感電した時 (痛いとゆーより心臓に直接来るので辛い)
 第四位: ドアに足の小指を挟んで骨にヒビを入れた時
 第五位: 学校のプールの底になぜか落ちていた画鋲を踏んだ時

05-5-25(水) 【ゲーム・AM】 米磨ぎ婆の魚釣り

 【ソフトの種類】 Windows用フリーウェア
    【ジャンル】 ちまちまっっっとした釣りゲームです  (←紹介文より)
  【プレイ時間】 3〜4時間くらい(全大会制覇)

 みなさんは釣りが好きでしょうか?

 わたしは嫌いです。餌のうねうね虫が嫌いです。すぐ糸がからまるので嫌いです。短気なので待つのが嫌いです。尖端恐怖症なので針も嫌いです。好きな点を探すためにはイスカンダルまで旅をしなければならない級に嫌いです。

 しかし、釣りゲームは好きです。
 …という自分のような者がいる限り、「ゲームのせいで犯罪が起きる」てなすっとんきょうな説が唱え続けられるのであろうなあ、としみじみしつつ紹介に行きましょう。

 ゲーム開始。初期状態では餌のにぼしがゼロなので、お店で購入します。

 「竿を投げる」で水面をクリックし、しばし待ち…HIT! 素早くリールを巻け!
 しかし、新鮮な獲物はぴちぴちと暴れており、このままでは釣れません。

 Q.獲物を弱らせるためには、どうしたらいいでしょうか?



 A.拳銃で撃つ。


 ……えー、というわけで、ある種破壊的すぎる釣りではありますが、中身は意外とまともです。ゲーム内の時間は刻々と変化し、特定の時間のみしか釣れないものもいます。

 初期資金はかなりカツカツですが、焦らず釣っていけば、獲物を売ることでじわじわ資金が貯まるでしょう。この辺の絶妙なるゲームバランスはまさにAMクオリティ。

 また、釣った獲物を「レース」に出して一獲千金を狙ったり、貯めた資金でより優れたリールや糸、より強力な銃を(もふっげふっ)……いやいやっ、ホントに遊べるゲームなんですってば。

 さあ、モニターの前の君も、おにぎりでも食べつつフナや雷魚やかくばくだんやザリガニを釣ってみよう!!

 →DL先(ベクターゲームズ内)
 http://www.vector.co.jp/games/soft/win95/game/se310446.html

05-5-26(木) 【本】 ネシャン・サーガ〈1〉ヨナタンと伝説の杖(ラルフ・イーザウ)

 近所の図書館に置いてあるのはずっと知っていたのだが、肝心の1巻目だけがいつも貸し出し中だったので今まで縁がなかったシリーズ。昨日ついに書棚にて巡り合ったので借りてみた。

 (予約すればいいじゃん、という考えはこの場合無粋である)

 作者はドイツ人。なんと、ミヒャエル・エンデに原稿を注目されたのがきっかけで…という、ファンタジーの申し子のようなデビューっぷりである。

 涙の地「ネシャン」で伝説の杖を見つけ、それを担う役目を与えられて困難な旅に出る少年・ヨナタン。そして、1920年代のスコットランドで寮生活を送る、車椅子の少年・ジョナサン。ジョナサンは夢の中でヨナタンの旅とネシャンの地を自分のことのように体験し、また、ヨナタンは危機に陥った時にジョナサンの姿を垣間見る…。

 というストーリーなのだが、この「2つの世界を互いに描く」という手法は、エンデの「はてしない物語」を少し思い出したり。でも面白い。

 上手いなあ、と思ったのは、ヨナタンの世界では造物主とその息子の物語が、ジョナサンの世界では聖書のエピソードが所々に挿入され、それらが絶妙にリンクしている上に、押し付けがましくないところ。そして何より、ヨナタンの持つ伝説の杖に秘められた「裁く力」の重さをしっかり描いている点。

 ヨナタンを狙ってくる敵を、杖の真の力を借りて滅ぼすシーンもあるのだが、それは本当に数えるほどしかない。大抵は、機転で何とかしているんである。

 杖を持つ者は、ちょっとした超能力(例:他人の大まかな感情が読める)が使えるようにはなるが、それも経験に左右されるものであり、全能ではない。「魔法の呪文」などというものはないのだ。こーゆーのいいですね。

 欲を言えば、ヨナタンはかなり出来すぎた少年なので(旅の相棒・ヨミより10歳も下とは思えんぞ!)2巻、3巻ではもっと心が揺れるヨナタンも見てみたいなあ。あとはもう1人の主人公・ジョナサンがどう関わってくるかですな。楽しみ楽しみ。

05-5-26(木) 余談・ファンタジーにおける名前について

 そういうわけで『ネシャン・サーガ』は大変良い本だったのだが、一つだけ気になったのは主人公の名前である。

 ヨナタン。

 ……なんというか、あんまりファンタジーっぽくないというか……可愛いというか……いやこの名前にどういう意味があるのか途中でわかって納得したんだけど。

 実は、この本を読む前に、わたしの頭の中にあった「ヨナタン」というイメージを画像化したものが存在するのである。勇気を持ってそれを公開してみたい。


 ●マイ・イメージ・ヨナタン
  (かなり強烈なので、覚悟して見てください)


 ↓          ↓          ↓





 ↓          ↓          ↓





 ↓          ↓          ↓




 
 ↓          ↓          ↓








   












よなたん







(注1)あくまでわたしの中だけのイメージであり、事前知識が無い状態で想像したものです。
(注2)物語中のヨナタンはもっとカッコいいです(ホントにホント)

05-5-26(木) 新選組!

 「新選組!」来年1月続編放送

 土方副長函館編実現! いやーめでたいめでたい(×∞)。

 そういえば、土方役の山本さんは、今年のミスター土方コンテスト in 函館五稜郭 にも審査員として参加してたなあ…(道のローカルニュースでやってました)

05-5-27(金) ダウナーインザダーク

 昨日3回も日報を更新したのは、ネットをさ迷う日記系サイト管理人の霊〜更新できなかったという思い残しが電脳空間をさ迷っている〜にとり憑かれていたのだと思いますこんにちは。

 この季節になると憂鬱なのは、黒い奴の存在です。

 黒く、素早く、狡猾でしぶとい奴。

 それはゴキブリ…でも合ってる気がしますが、うちの場合はカラスです。

 朝にうちの屋根の上を走りやがります。鳥だから飛べばいいのに、なぜか往復して走りやがります。
 うちの屋根は陸上用トラックではありません。走るな。

 これだけならまだいいのですが、奴らはグレムリンの如く凶悪化しており、近所のスーパーの物品を定期的にかっさらっています。なんでわかったかとゆーと、うちの庭先に底の部分が破壊されたカップラーメンが陳列されていたからです。しかも中身は食べていません。容器を壊して遊んでほったらかしたのです。悪です。誰か止めて。

 鳥といえば、最近ススキノ近辺でカモメを見ることが度々あり、ぎょっとします。

 残飯があるので海からわざわざ飛んできているらしいのですが、カラスみたいなカモメは……なんとなくうら寂しいなあ。

05-5-28(土) 悪夢。

 夢の中で、「坊主頭にハーケンクロイツのタトゥーを入れた西川きよし師匠」が出てきてどっと疲れた。

 たぶん寝る前に見ていたサイトが、ファミコンの伝説的ソフト「さんまの名探偵」関連のものだったからだと思われる。あっちに出てくるのはやすし師匠のほうなんだけど。

 図書館で、「ネシャン・サーガ」の2巻を借りようとしたら、1巻と3巻はあるのに2巻だけがなかった。

 貸し出し中なわけではない。最初からなかったのである…。
 
 続きもので、最終巻だけまだ入っていないというのなら納得できるのだが、途中がないというのはいやはや。でも即座にリクエストするのは税金の乱用ではあるまいかという気もするし、かといって2巻から自腹で買うというのも中途半端である(1巻から自腹で買うというのは…そんな財力はない)。

 困ったなー。

05-5-29(日) 【本】 盗まれた記憶の博物館<上><下> (ラルフ・イーザウ)

 「ネシャン」の代わりに借りて読んでみた、同作者の歴史ファンタジー。


 舞台はベルリン。
 コンピュータマニアのジェシカ、芸術家のオリバーの双子の姉弟の元に、ある日突然警察がやってくる。警官が語るところによると、2人の父親・トーマスが博物館の重要な展示物を盗んで行方不明となったということなのだが、ここで双子はもう1つの衝撃的な事実に気づかされる。

 つい先日まで一緒に暮らしていた、父親の記憶が自分達から抜け落ちている!!

 父親が残していった「イシュタル門」についての謎のメモ、そして亡き母親の形見の品のみを手がかりに、双子は「盗まれた記憶」と父親の消息を独自に捜査し始めるが…。


 と書くとミステリーっぽいですが、名前に隠された暗号、碑文の解読法などの推理が複雑に絡んでくるため、ミステリー好きの方も十分楽しめるんじゃないかと思います。自分は…ジェシカの捜査のくだりでちょっと眠くなりました(とほほ)。話は面白いんですけどね。

 読んでて思ったのは、この作者の方は「歴史」が好きで好きでしょうがないんだなーということ。異世界と現実世界が同時に出てくるファンタジー小説の場合、どちらかというと現実のほうの時代設定はあんまり重視されないものが多い気がするのだけれど、イーザウさんのこだわり方には感服致しました。「第二次世界大戦」が重要な鍵だしなあ。


 余談。この本の題名って意外に覚えづらい。

 Googleで検索してみたら、「失われた記憶の博物館」という誤タイトルで、なんと277件ひっかかりました…。ありゃま。

05-5-31(火) 微熱

 なぜか3日間くらい体温が37度ちょっと状態で、どうにもこうにも集中力がありません。夏にはまだ早いのですが、夏風邪のような。

 明日の予定。

 ・親知らずの抜歯&前回抜歯したとこの抜糸

 ・郵便局に行く&郵便物を出す

 ・帰って寝る

 
 あ、そういえば、先日録ったドラマ『空中ブランコ』まだ観てないな…。

[←先月] [↑最新版↑] [来月→] [過去ログ目次] [八月科トップ]

haz@mail.ne.jp
Akiary v.0.61